D2Cの新トレンドは「細分化」 21年はブランド立ち上げ容易に(画像)

日経トレンディと日経クロストレンドが発表した「2021年ヒット予測ランキング」の10位に「マイクロD2C」が選ばれた。製造から物流まで、D2Cと呼ばれるデジタル発の次世代モノづくりを支援するプラットフォームが出そろった。こうしたプラットフォームを活用すれば、より小規模なブランドでも事業展開が容易になる。

※日経トレンディ2020年12月号の記事を再構成

前回(第14回)はこちら

【10位】「マイクロD2C」

誰でもブランド時代
デジタル発の次世代モノづくりがついに本格始動

 誰でもブランドづくりが可能に――。D2C(ダイレクト・トゥ・コンシューマー)と呼ばれる、デジタル発の次世代モノづくりを支援するプラットフォームが出そろった。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。