トヨタ「ライズ」が大躍進 コンパクトSUV人気の波に乗る(画像)

日経トレンディと日経クロストレンドが発表した「2020年ヒット商品ベスト30」の23位にトヨタ自動車の「ライズ」とダイハツ工業の「ロッキー」が選ばれた。クルマ業界で2020年を代表するヒットとなったコンパクトSUVだ。

※日経トレンディ2020年12月号の記事を再構成

左がライズ(トヨタ自動車)。発売11カ月で約11万台を販売した。右のロッキー(ダイハツ工業)も3万台を超えた
左がライズ(トヨタ自動車)。発売11カ月で約11万台を販売した。右のロッキー(ダイハツ工業)も3万台を超えた

前回(第27回)はこちら

【23位】「ライズ/ロッキー」

コンパクトSUV人気を受け大躍進
高いコスパを武器に2社で計14万台

 コロナ禍で自動車業界全体が苦戦する中でも、人気を得ているのがコンパクトSUV(多目的スポーツ車)。2020年を代表するヒットとなったのが、「ライズ」(トヨタ自動車)と「ロッキー」(ダイハツ工業)だ。この2つは兄弟車。ダイハツが開発・製造を担い、トヨタにOEM(相手先ブランドによる生産)でライズを供給する。

 19年11月に発売してすぐに人気に火が付き、2車種を合わせた新車販売台数は20年3月まで5カ月連続で乗用車トップ。その後も好調を続け、11カ月間でライズは約11万台、ロッキーは約3.4万台を売った。

このコンテンツ・機能は会員限定です。