トヨタ「ライズ」が大躍進 コンパクトSUV人気の波に乗る(画像)

日経トレンディと日経クロストレンドが発表した「2020年ヒット商品ベスト30」の23位にトヨタ自動車の「ライズ」とダイハツ工業の「ロッキー」が選ばれた。クルマ業界で2020年を代表するヒットとなったコンパクトSUVだ。

※日経トレンディ2020年12月号の記事を再構成

左がライズ(トヨタ自動車)。発売11カ月で約11万台を販売した。右のロッキー(ダイハツ工業)も3万台を超えた
左がライズ(トヨタ自動車)。発売11カ月で約11万台を販売した。右のロッキー(ダイハツ工業)も3万台を超えた

前回(第27回)はこちら

【23位】「ライズ/ロッキー」

コンパクトSUV人気を受け大躍進
高いコスパを武器に2社で計14万台

 コロナ禍で自動車業界全体が苦戦する中でも、人気を得ているのがコンパクトSUV(多目的スポーツ車)。2020年を代表するヒットとなったのが、「ライズ」(トヨタ自動車)と「ロッキー」(ダイハツ工業)だ。この2つは兄弟車。ダイハツが開発・製造を担い、トヨタにOEM(相手先ブランドによる生産)でライズを供給する。

 19年11月に発売してすぐに人気に火が付き、2車種を合わせた新車販売台数は20年3月まで5カ月連続で乗用車トップ。その後も好調を続け、11カ月間でライズは約11万台、ロッキーは約3.4万台を売った。

 運転しやすい5ナンバーサイズながら、広い車内空間や荷室を実現。荷室容量は、車体がひと回り大きいトヨタの「C-HR」を約2割上回る。5ナンバーSUVが市場に少ない中、街乗りにもレジャーにも力を発揮するクルマとしての魅力を十分に高めた。その上で、ライズが167万円台(税込み)から、ロッキーが170万円台(同)からというコストパフォーマンスの高さが支持され、幅広いカテゴリーから乗り換えの選択肢になった。

注)日本自動車販売協会連合会が発表する新車販売台数の月次データを基に作成。合算順位は各月のライズとロッキーの販売台数を合算した場合の乗用車ランキングにおける順位
注)日本自動車販売協会連合会が発表する新車販売台数の月次データを基に作成。合算順位は各月のライズとロッキーの販売台数を合算した場合の乗用車ランキングにおける順位
20年1、2、6月には、ライズ単独でも乗用車トップの販売台数を記録。取り回しの良さや広い荷室などが好評を得た
20年1、2、6月には、ライズ単独でも乗用車トップの販売台数を記録。取り回しの良さや広い荷室などが好評を得た

日経トレンディ12月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2020年12月号
【巻頭特集】発表! ヒット予測ベスト30
【第2特集】2020 ヒット商品ベスト30
【第3特集】マーケター・オブ・ザ・イヤー2020
【JO1 奇跡の歩み】サバイバルオーディション番組発新人アイドルが大躍進
発行・発売日:2020年11月4日
特別定価:790円(紙版、税込み)
Amazonで購入する