ソニー・サンコーが発売 「直接冷やす」猛暑対策のニューカマー(画像)

日経トレンディと日経クロストレンドが発表した「2020年ヒット商品ベスト30」の22位に「ペルチェ素子クーラー」が選ばれた。首などを直接冷やすデバイスで、ソニー「レオンポケット」、サンコー「ネッククーラーNEO」が売り上げを伸ばした。

※日経トレンディ2020年12月号の記事を再構成

猛暑対策グッズのニューカマー。ペルチェ素子を使い、首などを直接冷やす
猛暑対策グッズのニューカマー。ペルチェ素子を使い、首などを直接冷やす

前回(第26回)はこちら

【22位】「ペルチェ素子クーラー」

冷却デバイスで体を冷やす新習慣
外仕事の人に定着し20万台超え

 携帯扇風機やファン付きウエアが定番となった猛暑対策グッズに、ニューカマーが割り込んだ。「ペルチェ素子」を使い、首などを直接冷やすデバイスが鮮烈なデビューを飾った。

 けん引したのは、ソニー「レオンポケット」だ。スーツの下に忍ばせて装着できる新発想の冷却ウエアは、ビジネスパーソンの需要にマッチ。19年に同社のクラウドファンディングでサイト史上最高額を獲得。一般発売後も、「品薄になる店舗も多く、想定以上に売れた」(ビックカメラ)。

 大手の参入で「ペルチェで冷やす」が周知され市場は急拡大。4月にサンコーが発売した「ネッククーラーNEO」は、前年発売モデルの10倍以上となる累計23万台を売り上げた。

 支持された理由は圧倒的な冷却性能。電圧をかけることで熱を移動させるため、バッテリーが続く限り冷たさを維持できる。外で仕事する人が熱中症対策として買ったのも特徴的だ。五輪延期とコロナで外出する人が圧倒的に少なかったにもかかわらず、多くの人が涼を求めてペルチェ素子を買い求めた。

REON POCKET(ソニー)は、専用Tシャツに取り付けて、スマホを使って温度を調節する。ソニーが運営するクラウドファンディングサイトで6916万円を集めた
REON POCKET(ソニー)は、専用Tシャツに取り付けて、スマホを使って温度を調節する。ソニーが運営するクラウドファンディングサイトで6916万円を集めた
ネッククーラーNEO(サンコー)は、スイッチを入れると最大で外気温の-15度程度にまで、冷却部の温度が下がる。バッテリーは別売り
ネッククーラーNEO(サンコー)は、スイッチを入れると最大で外気温の-15度程度にまで、冷却部の温度が下がる。バッテリーは別売り
注)サンコー資料より編集部で作成。発売は4月
注)サンコー資料より編集部で作成。発売は4月

日経トレンディ12月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2020年12月号
【巻頭特集】発表! ヒット予測ベスト30
【第2特集】2020 ヒット商品ベスト30
【第3特集】マーケター・オブ・ザ・イヤー2020
【JO1 奇跡の歩み】サバイバルオーディション番組発新人アイドルが大躍進
発行・発売日:2020年11月4日
特別定価:790円(紙版、税込み)
Amazonで購入する