渋谷を変えた「宮下パーク」 東京随一のオシャレスポットに出世(画像)

日経トレンディと日経クロストレンドが発表した「2020年ヒット商品ベスト30」の21位に「MIYASHITA PARK」が選ばれた。渋谷区立宮下公園が、東京随一のオシャレスポットに変わり、人通りは見違えるほど増えた。

※日経トレンディ2020年12月号の記事を再構成

週末の人通りが急増。開業前の2倍近くに
週末の人通りが急増。開業前の2倍近くに

前回(第25回)はこちら

【21位】「MIYASHITA PARK」

「4階に屋上公園」という技あり開発
開放感求め渋谷―原宿に新たな人波

 アーチ状の天蓋の下、若者たちが芝生に座って憩い、語らう。渋谷駅からすぐ、原宿駅へと続く線路沿いにあった渋谷区立宮下公園が、東京随一のオシャレスポットに“出世”を遂げた。

 開発したのは三井不動産。立体都市公園制度を活用し、宮下公園を3階建てのきらびやかな商業施設の屋上に“移設”。公園×商業施設×ホテルからなる「MIYASHITA PARK」として2020年7月28日にデビューさせた。全長約330mに及ぶ低層の建物は、高層ビルが連なる渋谷でひときわ目立つ。公園は緑であふれ、商業施設も吹き抜けが多い。コロナ禍だからこそ人々は開放感を求めて集った。

 実際に週末の人通りは見違えるほど増えた。開業前の20年7月と比べ8月は61%増、9月は85%増と急伸(ブログウォッチャー調べ)。「渋谷横丁」は9月単月で約12万人を集め、日本初上陸のスムージー店「Jamba」は最高で1日600杯以上も売り上げた。全国で今、公園を核とした再開発が広がっている。渋谷の風景を変えた類例なきプロジェクトは、今後の商業施設のモデルケースにきっとなる。

4F(屋上)にある宮下公園(写真/PIXTA)
4F(屋上)にある宮下公園(写真/PIXTA)
1~3Fの商業施設には、期間限定で米国のスムージー店「Jamba」が日本初上陸。全国のご当地グルメを集めた「渋谷横丁」も連日にぎわう(写真/PIXTA)
1~3Fの商業施設には、期間限定で米国のスムージー店「Jamba」が日本初上陸。全国のご当地グルメを集めた「渋谷横丁」も連日にぎわう(写真/PIXTA)
三井不動産は20年9月、名古屋市栄地区にも公園一体型の商業施設「Hisaya-odori Park」を開業した
三井不動産は20年9月、名古屋市栄地区にも公園一体型の商業施設「Hisaya-odori Park」を開業した

日経トレンディ12月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2020年12月号
【巻頭特集】発表! ヒット予測ベスト30
【第2特集】2020 ヒット商品ベスト30
【第3特集】マーケター・オブ・ザ・イヤー2020
【JO1 奇跡の歩み】サバイバルオーディション番組発新人アイドルが大躍進
発行・発売日:2020年11月4日
特別定価:790円(紙版、税込み)
Amazonで購入する