LINEに迫るメガメディアへ 「note」利用者急増で6300万突破(画像)

日経トレンディと日経クロストレンドが発表した「2020年ヒット商品ベスト30」の18位に、note(旧ピースオブケイク)が運営するコンテンツ配信プラットフォームである「note」が選ばれた。コロナ禍で急成長し、利用者数は6300万を突破した。

※日経トレンディ2020年12月号の記事を再構成

急成長のnote。コロナ禍でメガメディアが誕生した
急成長のnote。コロナ禍でメガメディアが誕生した

前回(第22回)はこちら

【18位】「note」

利用者急増で6300万人突破
サロン化現象も生まれる新基盤

「Yahoo! JAPAN」や「LINE」に迫るメガメディアの誕生だ。「note」は、記事や動画などのコンテンツ配信プラットフォーム。2020年3月に月間利用者数が4000万に達すると、僅か2カ月で2300万を上積みした。

 noteには、有料コンテンツや関連グッズの販売が簡単にできるという、クリエイターにとって魅力的な機能がそろっている。20年2月には、有料オンラインサロンをnote上に開設できる機能も追加した。これにより、クリエイターとコンテンツが増えることで読者が増え、それがさらなるクリエイターを呼ぶという好循環を生み出した。ここに魅力を感じてnoteに参加した著名人も多い。

 新型コロナの感染拡大で、この循環が加速した。これまでの読者が、外出自粛で持て余した時間を使いクリエイターに挑戦。1日当たりの投稿数は半年間で2.6倍に増加した。

 さらに、法人利用も2倍に。キリンビールがファンとの交流に活用するなど、企業のマーケティングの場としても欠かせない存在になりつつある。

注)noteの月間利用者数の推移
注)noteの月間利用者数の推移
月額制オンラインサロンをつくれる「サークル」機能も搭載。元フットサル選手の岡部将和氏のサークルには2000人超が参加
月額制オンラインサロンをつくれる「サークル」機能も搭載。元フットサル選手の岡部将和氏のサークルには2000人超が参加
法人アカウントは半年で2倍に。キリンビールはnote上で投稿コンテストを実施するなど、ファンのコミュニティーを形成
法人アカウントは半年で2倍に。キリンビールはnote上で投稿コンテストを実施するなど、ファンのコミュニティーを形成

日経トレンディ12月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2020年12月号
【巻頭特集】発表! ヒット予測ベスト30
【第2特集】2020 ヒット商品ベスト30
【第3特集】マーケター・オブ・ザ・イヤー2020
【JO1 奇跡の歩み】サバイバルオーディション番組発新人アイドルが大躍進
発行・発売日:2020年11月4日
特別定価:790円(紙版、税込み)
Amazonで購入する