緑茶「伊右衛門」が大ヒット ラベルレスが消費者の心をとらえる(画像)

日経トレンディと日経クロストレンドが発表した「2020年ヒット商品ベスト30」の11位に「サントリー緑茶 伊右衛門」が選ばれた。実は伊右衛門の売り上げは2005年をピークに減少傾向にあったが20年4月に液色を「緑色」に刷新すると、2020年1〜9月に前年比109%というV字回復を見せた。

※日経トレンディ2020年12月号の記事を再構成

シリーズ年間5500万ケースへ。シェア2位を追撃
シリーズ年間5500万ケースへ。シェア2位を追撃

前回(第15回)はこちら

【11位】「サントリー緑茶 伊右衛門」

「緑の液色」映えの戦略が大当たり
年間5500万ケースのV字回復

 緑茶飲料は味が命——。そんな固定観念を打ち破り、「色」で差別化を図った「サントリー緑茶 伊右衛門」が、ペットボトル入り緑茶で旋風を巻き起こした。緑茶飲料は、液色が茶色のものが多いが、同社独自の技術で緑茶本来の鮮やかな緑の液色を開発したのだ。

このコンテンツ・機能は会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
1
この記事をいいね!する