ずば抜けて売れたエコバッグ「シュパット」 累計700万個を突破(画像)

日経トレンディと日経クロストレンドが発表した「2020年ヒット商品ベスト30」の8位に「Shupatto(シュパット)」が選ばれた。レジ袋の有料化に伴ってエコバッグの売り上げは急拡大したが、中でもバッグの両端を引っ張ると一気に帯状に畳めるShupattoはずば抜けて売れた。

※日経トレンディ2020年12月号の記事を再構成

これまでの累計出荷数を1年で超える勢い
これまでの累計出荷数を1年で超える勢い

前回(第12回)はこちら

【8位】「Shupatto(シュパット)」

シリーズ累計で700万個を突破
レジ袋有料化で畳めるバッグが躍進

 両端をつまんでシュパッと引っ張れば瞬時に元通り。簡単に折り畳めるノンストレスなエコバッグ「Shupatto(シュパット)」(マーナ)がこの夏、飛ぶように売れた。

バッグの両端を引っ張ると一気に帯状に畳める。他にはないユニークな機構に多くの人が飛びついた
バッグの両端を引っ張ると一気に帯状に畳める。他にはないユニークな機構に多くの人が飛びついた

 2015年11月に発売された商品だが、20年8月にはシリーズ累計700万個を突破。4月時点では累計330万個であり、これまでの“約4年半分”をこの春から夏にかけて一気に売り切った計算になる。あまりの人気ぶりに作りが粗悪なコピー品や類似品までも出回ったほどだ。