任天堂「あつ森」に人も企業も集合 歴代1位マリオに届く勢い(画像)

日経トレンディと日経クロストレンドが発表した「2020年ヒット商品ベスト30」の3位に「あつまれ どうぶつの森」が選ばれた。新型コロナによる外出自粛の中、老若男女がこぞってゲーム内に“集合”。約3カ月で国内累計販売500万本を突破した。

※日経トレンディ2020年12月号の記事を再構成

575万本販売の金字塔。歴代1位に迫る勢い! (C)Nintendo
575万本販売の金字塔。歴代1位に迫る勢い! (C)Nintendo

前回(第5回)はこちら

【3位】「あつまれ どうぶつの森」

約3カ月で500万本を売り上げた異例のヒット
無限に成長し続ける“あつ森経済圏”を確立

 電話やメールを超えた、別種のコミュニケーションツールの誕生と言っても過言ではない。その名は「あつまれ どうぶつの森」(以下、あつ森)。新型コロナによる外出自粛の中、老若男女がこぞってゲーム内に“集合”した。

 2020年3月20日の発売以来、あつ森はあらゆるゲームの記録を塗り替えていく。発売直後から「毎週売り上げが半減していかない、普通のソフトとは違う売れ方」(ビックカメラ)という快進撃を続けた。約3カ月で国内累計販売500万本を突破。6カ月連続で月間売り上げの首位を守った。圧倒的な売り上げスピードはシリーズ過去作と比べても、文句なしの1位。累計585万本を売り上げた「とびだせ どうぶつの森」の初動をあっさり超え、歴代出荷本数1位の「スーパーマリオブラザーズ」(681万本)にも届きかねない勢いだ。

■歴代出荷本数ランキング
■歴代出荷本数ランキング
注)「CESAゲーム白書2020」より編集部で作成。「あつまれ どうぶつの森」はファミ通(9月27日時点)調べの数字
■「どうぶつの森」シリーズ 累計販売本数
■「どうぶつの森」シリーズ 累計販売本数
注)ファミ通調べ

 任天堂は、ハード面でも「あつ森」ヒットの布石を打っていた。テレビ画面より、携帯性のあるゲーム機のみで楽しむ人が多いことを予想し、携帯型のみの「Switch Lite」を19年9月に発売。同機の売り上げは20年4月に急増し、4~6月にかけてはSwitch全体でも前年同期比166.6倍の568万台を売った。しかも、「販売したNintendo Switchおよび同Lite本体のうち、初日に『あつまれ どうぶつの森』が遊ばれた本体の数は全体の半数以上」(任天堂)。狙いが的中したといえる。任天堂の20年4~6月期の決算は、12年ぶりに過去最高の1447億円の連結営業利益をたたき出すに至った。

■自分の島を持ちたいと人が殺到
■自分の島を持ちたいと人が殺到
“あつ森人気”は価格が手頃で持ち運びやすいSwitch Liteの販売数も押し上げた 注)ファミ通調べ

 ゲーム中には数多くのアイテムが散りばめられ、収集してみたり、自らの家や島をカスタムしたりして楽しめる。そのため、資料性の高い攻略本もよく売れた。KADOKAWAと徳間書店から販売されている攻略本はいずれも70万部を超える大ヒットとなった。

攻略本やグッズもバカ売れ

ゲーム情報を1000ページ以上で徹底網羅した攻略本や関連グッズが飛ぶように売れた
ゲーム情報を1000ページ以上で徹底網羅した攻略本や関連グッズが飛ぶように売れた
「あつまれ どうぶつの森 ザ・コンプリートガイド」(電撃の攻略本 /発行:KADOKAWA Game Linkage)(C) 2020 Nintendo