2020年ヒット商品ランキング 日経トレンディが選んだベスト30(画像)

日経トレンディと日経クロストレンドが11月3日に発表した「2020年ヒット商品ベスト30」。コロナ禍でヒットした商品とは? ランキングの全貌とそれぞれの商品・サービスの「ヒットした理由」について紹介する。

※日経トレンディ2020年12月号の記事を再構成

 2020年3月に東京五輪が延期になり、4月には緊急事態宣言が発令。ヒットが約束されていた商品やサービスが相次いで延期になった。一方、以前からあったマスクやビデオ会議システムが脚光を浴びると同時に、閉塞感を打ち破り、生活を豊かにする商品がいくつも登場した。

 そんな異例尽くしの1年にヒットした30商品を、日経トレンディと日経クロストレンドが独自に評価しランキングした。本記事ではランキングの全貌を紹介する。

 ヒット商品ランキング特集は、11月4日発売の日経トレンディ12月号に掲載。クロストレンドでも今後、1位から30位までの解説や地方発ヒット/業界別ヒットを順次掲載していく。

「2020年ヒット商品ベスト30」のランキング選考基準
 2019年10月から20年9月の間に発表・発売された商品・サービスなどを対象にヒットの度合いを評価した。具体的には下の3項目に沿って総合的に判定した。期間前に発表・発売された商品でも、期間内に著しくヒットしたものは対象に加えた。昨年既にヒットしていた商品は、原則として対象外とした。

評価項目
【売れ行き】:売上やシェアをどれだけ拡大したか。どれだけ人を集めたか。売れ行きはどれくらい継続する余地があるか。
【新規性】:これまでにない画期的な技術、着眼点、売り方の工夫があったか。
【影響力】:他社の追随を呼んだか、あるいは従来にない市場を形成したか。生活スタイルや社会の常識を変えて、世の中に影響を与えたか。

1位は「鬼滅」、檸檬堂は5位に入る

 ランキングの1位~10位は以下の通り。

1位  鬼滅の刃(漫画)
2位  マスク消費(日用品)
3位  あつまれ どうぶつの森(ゲーム)
4位  Zoom(ビデオ会議システム)
5位  檸檬堂(レモンサワー)
6位  AirPods Pro(ワイヤレスイヤホン)
7位  モバイルオーダー(飲食店のスマホ注文)
8位  Shupatto(エコバッグ)
9位  今日から俺は!! 劇場版(映画)
10位  ゴキブリムエンダー(ゴキブリ駆除剤)

 令和最初の正月を迎えた時は、3カ月後にこれほど自由が制約された生活を余儀なくされるとは、夢にも思わなかったはずだ。それが、東京五輪のある2020年に向けて準備されてきた新施設や新商品の多くが先送りされ、消費は大きく転換。外出自粛によって、外食や旅行、スポーツ観戦などの「コト消費」を奪われた人々が向かったのは、自宅で少しでも充実した生活を送るための消費だった。

 その結果、これまでになかったトレンドが家から生まれた。総じて好調だったゲーム市場の中でも突出して売れた「あつまれ どうぶつの森」(3位)は、同じ「村」に複数のプレーヤーが住めるという珍しい設定で、自粛生活で欠乏していた、他者とのコミュニケーションを補った。またトレーニングジムの代わりに「リングフィット アドベンチャー」(13位、後述)、映画館ではなく「popIn Aladdin 2」(15位、後述)...... と売れていき、かつてないほど「おうち時間」は充実するようになった。

 2020年11月時点で、新型コロナは欧米では猛威を振るっており、日本も予断を許さない状況だ。そんな中、ニューノーマル時代の「新標準」と言えそうな商品が続々とヒットした。その筆頭はもちろんマスク消費(2位)だ。人混みや店舗内に行くときには装着するのがすっかり「マナー化」。様々なメーカーがマスク本体や関連商品に参入する一大市場になっている。

 ニューノーマルへの対応という点では、「Zoom」(4位)などのビデオ会議システムも不可欠なものになった。様々な会社がテレワークをできたのも、自宅のパソコンなどでコミュニケーションがある程度取れたからだ。仕事だけでなく、英会話やヨガのレッスン、各種のセミナー、果ては飲み会などに使う人も続出。これらの一部は、コロナが収束した後にも残りそうだ。

 マスクとは別の意味で、持ち運ぶのが当たり前になったのが「Shupatto」(8位)などのエコバッグ。また夏場には、携帯型扇風機に代わって、冷える半導体で首を冷やす「ペルチェ素子クーラー」(22位、後述)を装着する人も増えた。

 2019年秋以降にデビューし、最も大型ブランドに育ったのが、日本コカ・コーラ初の酒類「檸檬堂」(5位)だ。既に強いプレーヤーが熾烈な戦いを繰り広げているレモンサワーという成長市場で、見事に垂直立ち上げを果たし、トップの座を射止めた。味を追求した「ちょっと高いレモンサワーRTD」の分野には、その後も様々な企業が新商品を投入しており、一層市場が盛り上がるきっかけにもなった。 「市場創出」を成功させた新商品には、他にゴキブリムエンダー(大日本除虫菊・10位)、22位のペルチェ素子クーラー分野を盛り上げた「レオンポケット」(ソニー)などがある。

 一方で人々を勇気づけたのが、「努力する」ことの大切さを体現したヒーローだった。アイドル候補者101人が、 デビューを勝ち取るために奮闘するオーディション番組が人気を博し、その「JO1」(20位)のデビューCDは初週で32万枚以上売れた。漫画も映画も空前の数字をたたき出している『鬼滅の刃』(1位)も、 妹を救うために努力を続ける主人公に多くの人が感情移入できたからこそのヒットだといえる。この努力を応援する感情が、「アフターコロナ」への活力となることを期待したい。

 次ページでは、1位~30位のランキングと各商品の概要を紹介する。