調査特集:アフターコロナの消費者

パナソニックは毎年開催している「くらし体感スクエア」で「『間』のある家」を発表した。家庭で過ごす時間が長くなったwithコロナ時代に対応し、仕事も遊びも家で楽しむことを想定したコンセプト住宅だ。玄関を入ったスペースにあるタッチレス水栓、センサー付きの照明器具など、非接触デバイスも随所に活用している。

パナソニックがオンライン展覧会「くらし体感スクエア2020」で発表した「『間』のある家」。コンセプトと共に、コロナ禍に必要とされそうなパナソニックの住宅向け商品をプレゼンテーション。オンライン展覧会のアンケートで一番人気は非対面の宅配ボックス
パナソニックがオンライン展覧会「くらし体感スクエア2020」で発表した「『間』のある家」。コンセプトと共に、コロナ禍に必要とされそうなパナソニックの住宅向け商品をプレゼンテーション。オンライン展覧会のアンケートで一番人気は非対面の宅配ボックス

 「くらし体感スクエア」は、住宅販売代理店や工務店、設計事務所といったパナソニックの顧客企業に向けた展覧会で、1年に1回のペースで開催している。家づくり関連の新商品などに加え、毎年、提案力を備えたコンセプト住宅を展示している。

前回(第7回)はこちら

 2019年は顧客を招いて開催したが、20年11月の「くらし体感スクエア2020」はオンラインで実施した。「間」のある家をパナソニックのスタジオに建て、Web経由で紹介した。会期は2週間確保。これにより、全国の顧客が気軽に参加できるようになった。19年の来場者は約1万5000人だったが、今回はオンラインセミナーを含めて約3万3000人が閲覧した。

 「間」のある家の監修は、医学研究者・医学博士の石川善樹氏、設計はトラフ建築設計事務所(東京・品川)、スタイリングはインテリアスタイリストの作原文子氏が手掛けた。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>