“10倍速で訪れた近未来”であるアフターコロナの世界では、地域の第1次産業に大きな可能性がある――。エキナカや地域活性化の仕掛け人として知られる鎌田由美子氏が、青森のシードル工房「A-FACTORY」の開発秘話からその可能性をひもときます。

 前回述べたように、“10倍速で訪れた近未来”であるアフターコロナの世界では、「デジタル化」「多様性」「環境意識」という3つの要素が絡み合って大きな変化を起こします。

 その中で、私は地域の第1次産業に大きな可能性があると感じています。テレワークやECの普及などの「デジタル化」によって都心とそれ以外の地域の差がなくなり、人や発想、地域の個性に新たな「多様性」が生まれ、そこから生まれるサステナブルなものづくりが消費者の「環境意識」と共鳴し、成長していくと思うのです。

 ここではまず、私が第1次産業の可能性に目覚めるきっかけなった一例を挙げたいと思います。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>