日本版「アフターデジタル」の夜明け

ヤフーの傘下に入ったZOZOが、衣料ブランドと協力し、100万件以上の体形データに基づいて、ZOZOTOWNで取り扱う商品のマルチサイズ対応に注力。さらに米エール大とユーザーのLTV(顧客生涯価値)向上のための共同研究も推進するなど、UXの改善に取り組んでいる。

ZOZOTOWN内に設けられた「MS(マルチサイズ)」対応商品専用ページのトップ画面
ZOZOTOWN内に設けられた「MS(マルチサイズ)」対応商品専用ページのトップ画面

 ユーザーの行為や状態のデータを収集し、それをUX(サービスや使い勝手)の改善に生かす──。アフターデジタル時代に生き残るため、こうした努力を重ねている企業の1つが、アパレルEC大手「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営するZOZOだ。同社が最近、力を入れているのが、2019年秋冬商戦の商品を対象に19年8月に始めた「MSP(マルチサイズプラットフォーム)事業」だ。

前回(第2回)はこちら

 従来からあるアパレルECの弱点の1つは、「試着ができない」ことだった。これまで多くの衣料ブランドは、提供する多くの商品でSS、S、M、L、XL程度しかサイズを用意しておらず、特にジャストフィットした服を好むユーザーにとって、ECで購入する服のサイズが実際に自分に合うかどうかは大きな悩みだったといってよい。

 これに対して、ZOZOが注力するMSP事業は、ユーザーの体形に応じて1アイテム当たり20~50のマルチサイズを用意。しかも、ユーザーがZOZOTOWNのサイトやアプリから自分の身長と体重を入力するだけで、最適なサイズをレコメンドする。通常の人に比べて手が長い、太ももが太いといった特徴のある体形のユーザーは、ZOZOがレコメンドしてきたサイズに対して、サイトやアプリ上で自分なりに微調整を加えることもできる。

マルチサイズに対応した「リーバイス」の商品詳細画面
マルチサイズに対応した「リーバイス」の商品詳細画面
身長と体重を選ぶと最適なサイズがレコメンドされる
身長と体重を選ぶと最適なサイズがレコメンドされる
ウエストや股下などのサイズを、レコメンドされた値から前後に一定の長さ(例えば3センチメートル)動かすなど、自分で微調整して変更できる
ウエストや股下などのサイズを、レコメンドされた値から前後に一定の長さ(例えば3センチメートル)動かすなど、自分で微調整して変更できる
「すべてのサイズから選ぶ」ボタンをタップして、用意されているすべてのサイズから好みのものを自分で選ぶことも可能だ
「すべてのサイズから選ぶ」ボタンをタップして、用意されているすべてのサイズから好みのものを自分で選ぶことも可能だ
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>