コロナ禍で売れ筋カラーに変化あり 緑や黄色が売れるワケ(画像)

「色」を効果的に使うことは、プロダクトデザインからコミュニケーション、ブランディングなどあらゆる場面で重要だ。新型コロナ禍の中、消費者の色の嗜好にも変化がある。今求められるカラーデザインのヒントを探る特集の第1回は、テレワークで需要が増えたインテリア雑貨の動きを追った。

姿勢に配慮した座布団「ISUZABU(イスザブ)」は、新型コロナ禍以前はセルリアンブルーが一番人気だったが、今はマスタードやヒワグリーンが人気。価格は1万4300円(税込み、以下同)
姿勢に配慮した座布団「ISUZABU(イスザブ)」は、新型コロナ禍以前はセルリアンブルーが一番人気だったが、今はマスタードやヒワグリーンが人気。価格は1万4300円(税込み、以下同)

 クッション・ピローメーカーのジスクリエーション(名古屋市)は、「姿勢に関わる商品」「眠りに関わる商品」という2つの軸で商品開発を行っている。そんな同社が、新型コロナウイルス感染症流行前後で、売れ筋の色に変化を感じているという。

 クッションなどの事務用品ジャンルでは、コロナ禍以前は青系などの落ち着いた色が人気だった。しかし、今は緑や黄色の人気が増している。

 例えば、姿勢に配慮した椅子用の座布団「ISUZABU(イスザブ)」。コロナ禍で売れ行きが急増した商品だが(関連記事:新型コロナ禍で注目 在宅ワークのお役立ちグッズ)、以前は「セルリアンブルー」が一番人気の色だった。しかし、コロナ禍以降は「マスタード」や「ヒワグリーン」の人気が急進。今や、セルリアンブルーの約2倍も売れているという。

 デスクワーク用のサポートクッション「Jimu fab(ジムファブ)」シリーズも、以前は青を基調とした「Water Leaf」が一番人気で、黄色の「Ginkgo」はWater Leafの5分の1程度の売り上げだった。ところが、コロナ禍で人気が上昇し、現在はWater Leafと同程度の売り上げになった。

 黄色や緑は、「個性が強く、他の色と合わせにくい」といった理由で、従来はそれほど人気が高くなかった。メーカー側も、売り上げに期待するというよりも、カラーバリエーションの豊富さを示す「見せ筋」の商品として作ることも多かったという。それが様変わりした。