「あ、どうも。極めて平均的なサラリーマン。あ、安部礼司です」。主人公がこんな自己紹介をする異色のラジオドラマが、全国ネットで日曜17時から放送しているTOKYO FM「NISSAN あ、安部礼司 ~BEYOND THE AVERAGE~」だ。日曜の黄昏時にリスナー180万人が集結する人気番組で、イベントではファンが涙を流すと言われる。このラジオドラマがなぜ、これほどまで盛り上がったのか。その理由を探ると、新時代のコンテンツビジネスの在り方が見えてきた。

※日経トレンディ2020年11月号の記事を再構成

「NISSAN あ、安部礼司 ~BEYOND THE AVERAGE~」。毎週日曜日、夕方5時~TOKYO FMをはじめJFN38局ネットで放送中
「NISSAN あ、安部礼司 ~BEYOND THE AVERAGE~」。毎週日曜日、夕方5時~TOKYO FMをはじめJFN38局ネットで放送中

前回(第4回)はこちら

 冒頭のセリフのように、主人公の安部礼司は東京・神田神保町の中堅企業「大日本ジェネラル」の開発本部のグループリーダーとして働くサラリーマンだ。安部礼司が「アベレージ」と掛かっているように、何をさせても平均的。そして妻と長男・長女の4人家族で多摩川沿いのとあるマンションに暮らしているという設定のなかで、安部礼司が会社で家庭で、奮闘する様子が描かれる。

 ストーリーは基本的に1話完結。会社のドタバタ劇で笑える回あり、家族の感動エピソードに泣かされる回ありとテイストのバラエティーも豊富だ。

 放送開始は2006年で、20年で放送15年目を迎えた。リスナーは180万人超ともいう。イベントには数万人が殺到。ラジオ好きには言わずと知れた、平均的とは程遠い人気番組だ。

逆張りで生まれたラジオドラマ

 後に安部礼司となる新番組を立ち上げるに当たって、至上命題だったのが、「30代男性に広く聴いてもらえる番組を作ること」。この年齢層のファンを増やし、購買意欲を刺激したいという番組スポンサー・日産自動車からのリクエストだった。

 まず、ここで壁にぶち当たる。番組の放送開始から脚本を手掛ける北阪昌人氏は、「何かの趣味をテーマにすることも考えたが、多様化が進んでいて多くの層に刺さるものが見つからない。この世代のあらゆる人に刺さるテーマ探しが難しかった」と振り返る。

 模索を続けるなか、「皆働いている」という共通点に着目。番組の根幹を支える1つ目のキーワード「サラリーマン」が生まれた。加えて、番組が始まった06年頃は、「ヒルズ族」という言葉が広がっていた時代。資産家や実業家が注目を集めていたなかで逆に、主人公は等身大の存在に決めた。こうして平均的なサラリーマンを主人公としたラジオドラマという構図が完成する。

主な登場人物

何から何まできわめて平均的な昭和生まれのサラリーマン。 神保町の中堅企業、大日本ジェネラルに勤務する。会社や家庭でさまざまな困難が巻き起こった際、問題解決に向けて文字通り体当たりでぶつかってゆく非凡なまでに平凡な彼の姿は、時に人々に強い感動を与えたり与えなかったりするらしい。 妻は元同僚の安部優。長男の永太と長女の蘭、二児の父
何から何まできわめて平均的な昭和生まれのサラリーマン。 神保町の中堅企業、大日本ジェネラルに勤務する。会社や家庭でさまざまな困難が巻き起こった際、問題解決に向けて文字通り体当たりでぶつかってゆく非凡なまでに平凡な彼の姿は、時に人々に強い感動を与えたり与えなかったりするらしい。 妻は元同僚の安部優。長男の永太と長女の蘭、二児の父

 今回の取材に当たって、番組を立ち上げた張本人であり、現在は企画・原案・総合プロデューサーを担当、自身もラジオパーソナリティーとして人気の堀内貴之氏が、番組開始時に自身が書いた最初の企画書を久しぶりに見てくれた。「主人公は中堅の電機メーカーの平均社員って書いてあって、『大日本ジェネラル』という名前もあった。現在いる主要な登場人物も頭に浮かんでいて、早い段階から番組の骨格ができていた。ただ、『ライバルキャラがいた方が良い』と言われていて、その日の夜に降りてきたのが、『刈谷勇』という名前。これでばっちり決まった」(堀内氏)。

 主人公の設定と同様、逆張り戦略から生まれた2つ目のキーワードが「この世代に刺さる選曲」だ。番組では放送開始から一貫して、昭和の歌謡曲を多く流している。例えば、20年8月最後の放送回では、サザンオールスターズの82年発表の曲「Oh!クラウディア」や、山下達郎の91年発表の曲「さよなら夏の日」などがかかった。

 FM局で、このラインの選曲を徹底して行うというのは異例だ。堀内氏は、「当時鳴っていない音を鳴らしたくて。どこの局も絶対に手を出せなかったのが、僕らが『今ツボ』と呼んでいる昭和の歌謡曲だった」と言う。

 日曜夕方という放送時間もポイントだ。ラジオから流れる等身大のサラリーマンが奮闘する姿を描いたドラマと、テンションが上がる昭和の歌謡曲。明日からまた仕事か、とサラリーマンが憂鬱になる時間帯にそっと背中を押す「昭和生まれのアナタに贈る『鼻歌みたいな応援歌』」というコンセプトが出来上がった。

最近の放送回とオンエア曲

第745回/ 20年7月19日放送「やられたら、やり返す?」
【番組紹介】あのドラマが、また始まりますね。キメ言葉は、『倍返し!』。我らが安部礼司は、めっぽう影響を受けやすい性格。すっかり『倍返し』モードになっています。巣ごもり期間に、かつて流行ったトレンディー・ドラマを再び見たひとも多いはず。ドラマの思い出は主題歌とともに、蘇ります! それにしても安部礼司は、実生活でも『倍返し』できるのでしょうか?

「今ツボ」なオンエア曲

GOLDEN TIME(RIP SLYME)/星空のディスタンス(ALFEE)/みんなひとり(竹内 まりや)/us(milet)/BURN(THE YELLOW MONKEY)/いつか晴れた日に(山下 達郎)/パワー(ウルフルズ)/南風(レミオロメン)
第749回/ 20年8月16日放送「夏祭り! イエイ!」
【番組紹介】たった一度しかない、2020年の夏。でも、夏祭り、花火大会は、軒並み、中止になり…。いえいえ、大丈夫! ボクたちには、想像力があるのです。ひたち野夏都のきゅんとくる思い出や、重山つらみの夏に賭ける想い…いやあ、夏ってやっぱり、いい! 安部礼司のTwitterでも募集した、「あなたが夏に聴きたいリクエスト曲」も、ガシガシかかっちゃう、かも! 去り行く夏を一緒に味わいましょう! お楽しみに!!

「今ツボ」なオンエア曲

あー夏休み(TUBE)/打上花火(DAOKO×米津 玄師)/楽園ベイベー(RIP SLYME)/ロコローション(ORANGE RANGE)/Beautiful World(宇多田 ヒカル)/虹をみたかい(渡辺 美里)/Summer Song(YUI)/夏の日(森高 千里)/夏の思い出(ケツメイシ)/夏の扉(松田 聖子)/あの夏の花火(DREAMS COME TRUE)