ヒップホップ界のレジェンド・ライムスターのラッパー宇多丸。10年以上ラジオのパーソナリティーを務め、数多くの映画の魅力を世に知らしめる批評家という顔も持つ。映像があってこその映画なのに、音だけでその魅力を伝えるラジオでどうしてそれが可能なのだろうか。

※日経トレンディ2020年11月号の記事を再構成

 結成30年を超えるヒップホップ界のレジェンド・ライムスターのラッパー宇多丸。2007年から10年以上、TBSラジオ「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(タマフル)」を担当。現在はタマフルの後継番組といえる平日18時からの3時間プログラム「アフター6ジャンクション(アトロク)」のパーソナリティーを務め、夕方の顔として活躍している。

ライムスターの宇多丸
ライムスターの宇多丸
ライムスターのラッパー 宇多丸氏
 1969年生まれ。東京都出身。早稲田大学在学中の89年にラッパーのMummy-D、DJ JINとの3人でHIPHOPグループRhymester(ライムスター)を結成。『ライムスター宇多丸の映画カウンセリング』(新潮社)など著書多数。
 担当番組は「アフター6ジャンクション」(TBSラジオ 月~金曜18時~21時)、「プレイステーションpresentsライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ」(TBSラジオ 木曜21時~21時30分)

――08年度には、番組開始からわずか2年で第46回ギャラクシー賞/DJパーソナリティ賞を受賞。決め手となったのが、アトロクの人気コーナー「週間映画時評 ムービーウォッチメン」に続く映画批評コーナーでした。どのように映画を批評しているのでしょうか。

 方法論があるわけではないのですが、映画批評ではまず徹底的にその映画と向き合います。それ以外にない。だから1回目で「面白くない」と思った映画こそ2度、3度と見返す。特にネガティブな批評をするときは、その作業が必要だと思っています。

 映画批評は結局、「その人がその映画のどこをどう切り取るか」ということで正解はない。同一人物がある作品を褒めることもけなすこともできるんです。よく「批評はプリズムだ」と言うんですけど、ある作品のここに光を当てるとこういう光の分かれ方をするし、別のところに光を当てるとまた違う分かれ方をする。映画は主観的体験で、絶対評価ではないんです。

 映画批評にとって、ラジオの「自分の話す言葉でしか説明できない」というのは大きなアドバンテージだと思っています。

 例えばあるシーンの説明をするとき、ラジオで僕の言葉だけで伝えることで、リスナーの頭の中で僕の解釈に基づいてどういう場面なのかインプットされる。それによって僕の解説の価値が最大化されるんです。

 一方で文章は確かに僕の言葉で伝えられるのですが、話し言葉と違ってカッコよく整えてしまう。例えば、1月のアトロクで『フォードvsフェラーリ』という映画を紹介した時に、レースシーンについて「すごいスピードで走ってるというそのスピード感でワーッと圧倒されるんだけど、時折挟み込まれる、ドライバーが『ゾーン』に入った時の静寂……からの、また突然の事態がまたブワーッと来る、みたいな」と説明しました。

 リスナーにはこの言葉を基にレースシーンを想像してもらうことで、僕が感じた迫力や魅力を共有してもらえると思うのですが、この表現は文章では許されない(笑)。でも、実際に映画を見てる時の感覚に近いのは、こっちの方だったりするんです。

僕の解釈を直接インプットできるラジオと映画批評は相性が良い
僕の解釈を直接インプットできるラジオと映画批評は相性が良い