オトモアイルーに加え、新たに登場した「オトモガルク」。背中に乗ることでスタミナを消費せずに高速で移動できるのはかなり便利そう。なによりかわいい!
オトモアイルーに加え、新たに登場した「オトモガルク」。背中に乗ることでスタミナを消費せずに高速で移動できるのはかなり便利そう。なによりかわいい!

「モンハン」最新2作が登場 Nintendo Switchの手軽さ生かす【TGS2020】

2020年09月27日
  • 今作での拠点は「カムラの里」というたたら製鉄が盛んな和風の集落。一瀬氏によると、ハンター御用達の施設はもちろん、「その他の施設もいろいろ」あり、個性豊かなNPCも多数登場するそうだ
  • 『モンスターハンターライズ』のプロデューサー、辻本良三氏と、ディレクターの一瀬泰範氏。よく見ると一瀬氏のTシャツには今作のオトモアイルーとオトモガルクが!
  • いわゆる“ワイヤーアクション”を実現する「翔蟲(かけりむし)」。キラキラと光る蟲を投げて伸びた光の線が縮むときに身体を引き寄せ、それで立体的な動きが可能となる。フィールドの移動中だけでなく、戦闘中のアクションにも絡められる点がポイント
  • オトモアイルーに加え、新たに登場した「オトモガルク」。背中に乗ることでスタミナを消費せずに高速で移動できるのはかなり便利そう。なによりかわいい!
  • 映像の中ではとあるキャラクターが百鬼夜行ならぬ「百竜夜行」という言葉をつぶやくシーンがある。実はこれがストーリー上の重要なポイントであり、「新しいゲーム体験を目指して鋭意製作中」(一瀬氏)であるという
  • 本作のメインモンスターである怨虎竜(おんこりゅう)マガイマガド。ほかにもさまざまな新モンスターが登場する
  • 主人公はその姿をエディットすることができる。この画像はそのバリエーション例。武器は前作と同じ大剣、ハンマー、片手剣、狩猟笛の4種のほか、新たに『モンスターハンター』シリーズから2種類が登場する予定だという
  • 伝説のモンスターライダー、レド。左手の甲で光っているのがモンスターとの絆を紡ぐ「絆石」だ。主人公はレドの絆石とともに「レウス」の卵を受け継ぐことになる
  • 主人公を冒険に誘う存在、竜人のエナ。ほかにも多くのキャラクターが登場し、物語のスケールはかなり大きそうだ。ちなみにエナは幼く見えるが長命な種族であるため、50年が経過したくらいでは見た目がほとんど変わらないとのこと