9月26日午後3時から配信された公式番組「LEVEL5 TGS2020 Special Meeting」。期待のロボットゲーム『メガトン級ムサシ』、まもなく大型アップデートが行われる『妖怪学園Y ~ワイワイ学園生活~』、日本初お披露目となる『二ノ国:Cross World』についての情報がたっぷり語られた濃厚な2時間だった。

 東京ゲームショウ 2020 オンライン(TGS2020 ONLINE)の公式番組「LEVEL5 TGS2020 Special Meeting」は、お笑いコンビ・アメリカザリガニの平井善之さんによる番組MCのもと、3つのタイトルの情報がたっぷり語られた。

 最初に紹介されたのは『メガトン級ムサシ』(Nintendo Switch / PlayStaition 4)。オンライン協力プレー型ロボットアクションRPGだ。重量感ある大型ロボットを駆使し、荒廃した世界で戦う。ゲームの主人公・一大寺大和の声を演じる増田俊樹さん、レベルファイブ(福岡市)の日野晃博社長、『メガトン級ムサシ』のゲームディレクターを務める栗秋寿彦氏が登壇し、ロボットゲームならではの魅力が語られた。

左からアメリカザリガニ・平井善之さん、増田俊樹さん、日野晃博氏、ゲームディレクターの栗秋寿彦氏
左からアメリカザリガニ・平井善之さん、増田俊樹さん、日野晃博氏、ゲームディレクターの栗秋寿彦氏

 ゲームの映像が紹介された後、日野氏がロボットゲームならではの「重量感が出ない」ことに苦しんで作っていることを告白すると、栗秋氏も「そこはロマンですから、ちゃんとロボット愛を入れて作った」と返答。何度も何度も作り直して、金属製の巨大ロボットならではの質感・重量感にこだわっていることを力説した。

 世界が荒廃していることが伏せられたまま暮らしているシェルター内から、一癖ある少年少女たちが荒廃した世界に出て戦うというストーリー。主人公の声を担当した増田さんが「キャラクターの見た目にだまされないほうがいい。とくに大和は大変なキャラ。セリフがきわどい。数十年後に表現の幅が狭まると、このセリフは流せないかも」と語ると、日野氏も「性格がたけだけしい」と同意。ギリギリの表現を狙ったセリフが飛び交うゲームであることを匂わせた。

ロボットをカスタマイズするシーンでは実機プレーの様子が紹介された。重量感を感じられるよう何度も作り直したとのこと ©LEVEL-5.INC
ロボットをカスタマイズするシーンでは実機プレーの様子が紹介された。重量感を感じられるよう何度も作り直したとのこと ©LEVEL-5.INC
大迫力の戦闘シーン。しかし「もっと進化すると思ってほしい」と日野氏は語った ©LEVEL-5.INC
大迫力の戦闘シーン。しかし「もっと進化すると思ってほしい」と日野氏は語った ©LEVEL-5.INC