また来年夏のアニメ化が決定したことも発表された。ロボットの質感まで表現されていて「アニメなのかCGなのか、その境界線のような作品」になるとのこと。こちらも期待大だ。

 最後に、ゲームディレクターの栗秋氏は「大変な思いもしつつ、愛を込めてゲームを作っていきたい」、主人公役の増田さんは「アニメも発表され、ガンガン盛り上がってくるので期待しています」と締めくくった。

『妖怪学園Y ~ワイワイ学園生活~』の大型アップデート情報も

 続けて紹介されたのはNintendo Switch用ソフト『妖怪学園Y ~ワイワイ学園生活~』の大型無料アップデート第1弾「エルゼ来るぜマルチプレイ」の情報だった。大人気の「妖怪ウォッチ」シリーズの最新作が、さらに面白くなるDLC(ダウンロードコンテンツ)である。

 こちらの作品でも声優を務める増田さん(雷堂メラ役)に加え、田村睦心さん(寺刃ジンペイ役)、井上麻里奈さん(玉田マタロウ役)をゲストに迎え、大型アップデートの情報を中心に楽しいトークが展開した。

左から、平井さん、田村睦心さん、井上麻里奈さん、増田さん
左から、平井さん、田村睦心さん、井上麻里奈さん、増田さん

 まずはゲームの感想を語るコーナーから番組は始まったが、いきなり田村さんがNintendo Switchを持っていないことを告白。「だって買えないんですよ。売ってない」と叫ぶと、増田さんは「じつは日野社長に文句がある! ゲームの序盤に敵としてメラが出るけど、あまりに弱すぎる!」と嘆き、井上さんは「セリフがとにかく多かった。このゲーム、移動中にキャラが勝手にしゃべり出すので、その分のセリフがいるんです」と苦労談を語り出す波乱の幕開けとなった。

 しかし無料アップデートの情報が発表されると、ゲスト3人とも真剣な表情に。今回のアップデートでは、レベル上限の解放、装備やスキルの追加、難易度「極」の追加、さらには新ストーリーの追加、移動速度が上がるジェットブースの導入、ガシャの稼働開始、そしてマルチプレーの解放など、中身は驚くほど盛りだくさんだったのだ。

 最後は、MCとゲスト3人によるオンラインマルチプレーの実演が配信された。新ダンジョン「風紀タワー」をプレー、全員で力を合わせて最上階のボスを目指し、見事に成功した。これらの大型アップデートは9月30日からスタートされることが告知され、『妖怪学園Y ~ワイワイ学園生活~』の紹介は終了となった。

追加ストーリーも充実。さらなる新キャラクターも登場する ©2020 LEVEL-5 Inc.
追加ストーリーも充実。さらなる新キャラクターも登場する ©2020 LEVEL-5 Inc.
こちらはマルチプレーの画面写真。通信中はチャットでのコミュニケーションが楽しめる ©2020 LEVEL-5 Inc.
こちらはマルチプレーの画面写真。通信中はチャットでのコミュニケーションが楽しめる ©2020 LEVEL-5 Inc.

「二ノ国」最新作はスマホアプリで登場

 最後に紹介されたのは、スマホアプリ『二ノ国:Cross World』。人気シリーズ「ニノ国」の最新版であり、スマホとは思えない美麗な映像を堪能できるRPGだ。

日本初お披露目となる『二ノ国:Cross Worlds』を紹介。右がクロエ役の三森すずこさん
日本初お披露目となる『二ノ国:Cross Worlds』を紹介。右がクロエ役の三森すずこさん

 まずは最新映像が紹介され、開発を手掛けるネットマーブルジャパン(東京・港)社長の遠藤裕二氏がゲームを解説。「世界でも評価の高いレベルファイブさんの『二ノ国』を、我々が手掛けられるのはうれしい」と語ると、日野氏も「ぼくは開発者と同時にゲーマーでもあるが、世界観がすごいし、スマホゲーとしてこれだけのクオリティーのものをいつでもどこでも遊べるというのはすごい。アニメを見ているかのような映像」と、その品質に太鼓判を押した。

 そこに映像ゲストとして、ゲーム内でソードマンの声を演じる神谷浩史さん、ウィッチの声を演じる花澤香菜さんも登場。「オンラインRPGはハードルが高いと思っている方も、これはソロでも楽しいのでプレーしてほしい」(神谷氏)、「自分の好きなようにカスタマイズして遊んでいただけたらけ」(花澤さん)と、ゲームの魅力をアピールした。

 そして、ここからは実機でのプレーが配信された。まずは序盤のストーリーを実際にプレーする様子が紹介された。いきなり城が炎上しているという、映画のクライマックスのようなシーンからスタートすることが明かされたのだ。