初のオンライン開催となった「東京ゲームショウ2020 オンライン」(TGS2020 ONLINE)。9月25日の「CAPCOM スペシャルプログラム」では、カプコンが誇る大人気シリーズの最新作『バイオハザード ヴィレッジ』の最新情報を紹介した。

前作と同じ人物を主人公に据えた『バイオハザード ヴィレッジ』

 9月25日の夜10時という少し遅めの時間から始まった「CAPCOM スペシャルプログラム」は、司会進行を務める元テレビ東京のアナウンサー、田口尚平氏の挨拶からスタートした。この番組では、21年春から夏にかけて発売が予定されている『バイオハザード ヴィレッジ』『モンスターハンターライズ』『モンスターハンターストーリーズ2 ~破滅の翼~』という3つのタイトルを紹介した。「モンハン」シリーズは別記事とし、この記事では『バイオハザード ヴィレッジ』についてまとめる。

 『バイオハザード ヴィレッジ』は、カプコンの看板シリーズの1つ、サバイバルホラー「バイオハザード」シリーズの最新作である。プロデューサーの神田剛氏とピーター・ファビアーノ氏の2人が登場すると、すぐさま同作の最新トレイラー映像が流れた。

 トレイラーは、前作『バイオハザード7』の主人公であるイーサン・ウィンターズが妻のミアとともに平穏に暮らしているところを、第1作からの主要キャラクターであるクリス・レッドフィールドが襲撃するところから始まった。舞台は朽ちかけた寒村へと移り、狂信的な表情で笑う老婆や、母親を無視して深い森へと姿を消した少女の物語を描いた絵本、集団行動を取るクリーチャー、集まって手を取り合い祈りを捧げているかのような村人たち、と、意味ありげなシーンが矢継ぎ早に続く。

 2人のプロデューサーが解説するところによると、『バイオハザード ヴィレッジ』の舞台は、『バイオハザード7』の数年後。主人公だったイーサンは悪夢のような事件の後に妻のミアとともに平穏に暮らしていたが、それを前作でイーサンをサポートしていたはずのクリスが奪い去る。

 「『バイオハザード7』の惨劇をくぐり抜けたイーサンやクリスの関係がいったいどうなってしまったのか、続報にご期待いただければと思います」と神田氏。

 一方、ファビアーノ氏は、本作『バイオハザード ヴィレッジ』の舞台となり、さまざまなドラマが繰り広げられる寒村について、「この村がもうひとつの主人公と言えますね」と語った。

 村には素早い動きと凶暴性を備え、群れで行動するクリーチャーがはびこっている。この地で出会うな人々とどんなドラマや事件が繰り広げられるのかも見どころだそうだ。

『バイオハザード ヴィレッジ』のタイトルロゴ。『7』に続くナンバリングタイトルであることが示唆されている
『バイオハザード ヴィレッジ』のタイトルロゴ。『7』に続くナンバリングタイトルであることが示唆されている
『バイオハザード ヴィレッジ』のプロデューサーである神田剛氏とピーター・ファビアーノ氏
『バイオハザード ヴィレッジ』のプロデューサーである神田剛氏とピーター・ファビアーノ氏
前作では主人公イーサンの心強い味方だったはずのクリスが事件の発端となる。はたしてクリスとイーサンの関係はいったいどうなっていくのか?
前作では主人公イーサンの心強い味方だったはずのクリスが事件の発端となる。はたしてクリスとイーサンの関係はいったいどうなっていくのか?
ファビアーノ氏が「もうひとつの主人公」と語るのは、物語の舞台となるこの寒村だ
ファビアーノ氏が「もうひとつの主人公」と語るのは、物語の舞台となるこの寒村だ