「東京ゲームショウ2020オンライン」(TGS2020 ONLINE)の「e-Sports X」枠にて、『ストリートファイターV チャンピオンエディション』の団体戦「ストリートファイターリーグ Pro-JP 2020」第1節 開幕戦が2020年9月25日に行われた。ウメハラ、ときど、ネモ、ふ~どといった有名選手が登場した。

 東京ゲームショウ2020オンラインのeスポーツイベント枠であるe-Sports Xの最初のイベントとして配信されたのが、ストリートファイターリーグ Pro-JP 2020の第1節 開幕戦だ。ストリートファイターリーグは、プロ選手による団体戦で、6チーム総当たりのリーグ戦を全10節で行う。上位3チームはグランドファイナルへ進出し、そこで優勝、準優勝したチームは北米で開催されるワールドチャンピオンシップで、ストリートファイターリーグ:PRO-US 2020の上位2チームと世界一を競い合う。

 ストリートファイターリーグに参加するチームは、「ウメハラゴールド」「トキドフレイム」「ネモオーロラ」「マゴスカーレット」「フードガイア」「モモチスプラッシュ」の6チーム。各チーム4人で構成され、その中の3人を選んで対戦、星取戦で勝敗を決する。

 ストリートファイターリーグは全10節を5節ずつ前期、後期に分かれており、期ごとにすべての選手が出場しなくてはならない。星取戦のポイントは先鋒(せんぽう)、中堅戦は1ポイントに対して、大将戦は2ポイントで、大将戦の重要度が高いシステムになっている。

 前シーズンから引き継いだルールとして、キャラクターBANルールも適用される。これは、お互いに相手チームに使わせたくないキャラクターを1体選び、使用禁止にするというもの。また、今回は前・後期で1回ずつ同じチームと対戦することになるが、同じキャラクターを使用禁止にできないルールも追加された。つまり、もっとも使わせたくないキャラクターを禁止する時に、前期で禁止するほうが良いか、後期で禁止にする方が良いかの判断が重要となる。これまでマルチキャラクター使いではない特定のキャラクターに特化していたプレーヤーは、BANの対象になりやすく、活躍することが難しかったが、今回の新ルールによって、得意キャラクターによって参戦しやすくなった。

相手チームの使用キャラクターを限定できるBANルール。前・後半の同一カードで同じキャラクターのBANができなくなった
相手チームの使用キャラクターを限定できるBANルール。前・後半の同一カードで同じキャラクターのBANができなくなった