「東京ゲームショウ2020 オンライン」(TGS2020 ONLINE)の基調講演には、日本を代表するゲームメーカーのキーパーソン4人が集結した。PlayStation 5(PS5)など次世代機、withコロナ時代のメーカーの取り組みなどをテーマに、ゲーム業界の今後の展望を議論した。

基調講演の様子。リモート出演という形で登場するスピーカーも
基調講演の様子。リモート出演という形で登場するスピーカーも

 次世代ゲーム機のPS5、Xbox Series X/Sと対応タイトルの登場が待たれる一方で、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、ゲームを楽しむ環境や制作の現場にも変化が生じている。それらはゲーム業界の未来にどんな影響を及ぼすのか。2020年9月25日の午後7時から開催となったTGS2020 ONLINEの基調講演では「未来は、まずゲームにやって来る」をテーマに、業界のキーパーソン4人が語り合った。

■出演者
谷渕弘氏(コナミデジタルエンタテインメント 「パワフルプロ野球」「プロ野球スピリッツ」シリーズ エグゼクティブディレクター)
浜口直樹氏(スクウェア・エニックス 第一開発事業本部 ディビジョン1 マネージャー、FINAL FANTASY VII REMAKE 共同ディレクター)
内山大輔氏(バンダイナムコスタジオ社長)
竹内潤氏(カプコン 常務執行役員 CS第一開発統括 兼 第一開発部長)
コーディネーター:林克彦氏(KADOKAWA Game Linkage ファミ通グループ代表)

超高速な次世代機の登場で開発の視点が変わる

 最初のテーマは「次世代機の未来」。PS5などの次世代機向けタイトル『プラグマタ(PRAGMATA)』『バイオハザード ヴィレッジ(BIOHAZARD VILLAGE)』を発表済みのカプコン竹内氏が「絶賛開発中。地獄のように大変です」と発言して笑いを取ると、『スカーレットネクサス(SCARLET NEXUS)』を発表しているバンダイナムコスタジオの内山氏も「竹内さんと同じで大変なことになっています」と続けた。

 スクウェア・エニックス、コナミデジタルエンタテインメントは「次世代機については検証している段階」(浜口氏)、「考えていることは考えている」(谷渕氏)とのことだ。

次世代機のPS5に対応した『バイオハザード ヴィレッジ』。2020年9月25日の「CAPCOM スペシャルプログラム」でメイキング映像が公開された
次世代機のPS5に対応した『バイオハザード ヴィレッジ』。2020年9月25日の「CAPCOM スペシャルプログラム」でメイキング映像が公開された

 処理の速さなど、次世代機のパフォーマンスに手応えを感じているという内山氏は「それをユーザーの体験にどうつなげていくのか、開発側が問われている」とコメント。それを受けて竹内氏も現行のゲームでよくあるロード待ち画面でのTips(使い方のヒント)表示を例に挙げ、「ロードが速すぎてTipsを表示する場所がなくなった。(次世代機を)使いこなすには従来とは違った視点が必要だ」と、次世代機用ゲーム開発の難しさを語った。