セガグループは、東京ゲームショウ 2020 オンライン(TGS2020 ONLINE)の公式番組にて、「バーチャファイター」のeスポーツプロジェクトを始動すると明かした。セガ設立60周年を迎えた本年。根強いファンを持つ格闘ゲームの代表作を競技としてもり立てるほか、さまざまな企画を推進する。

セガグループ社長の里見治紀氏。発売当時のインパクトを振り返りながら、セガの歴代ゲーム機をVTRで紹介した
セガグループ社長の里見治紀氏。発売当時のインパクトを振り返りながら、セガの歴代ゲーム機をVTRで紹介した

 セガ・アトラスは2020年9月25日午後8時より、東京ゲームショウの公式番組で「SEGA Fan Meet-Up 2020 ~すべてのセガファンに感謝をこめて~」を配信した。同社グループではTGS2020会期の3日間にわたって独自の番組「セガアトラスTV」を生配信する予定で、本番組はそのオープニング番組に位置づけられる。

 YouTubeのゲームショウ公式チャンネルでは、番組開始前から4000人以上が待機。アーカイブが視聴できるとあっても、新作情報が公開されるのではと生配信に期待を寄せるユーザーが多数集まった。

「バーチャファイター」再始動に驚きの声

 番組にはセガグループ社長の里見治紀氏が登場した。冒頭では里見氏がセガの歴代ゲーム機を紹介するVTRが流れ、同社の歴史を振り返った。こうした演出からも番組内で新情報の発表はなく、あくまで出展内容の紹介にとどまるのかと思われたが、予想に反してセガ設立60周年を記念したイベントや企画の数々が発表された。

 なかでも視聴者を驚かせたのが、同社を代表する格闘ゲーム「バーチャファイター」をeスポーツタイトルとして再始動する「バーチャファイター×esportsプロジェクト」だ。「バーチャファイター」は1993年に世界初の3D格闘ゲームとして登場。最新作『バーチャファイター5 ファイナルショーダウン』は登場から10年たった現在も根強いファンがいる。里見氏は「まずは国内で『バーチャファイター×esportsプロジェクト』を始動する」と語り、詳細は伏せられたが、ティザームービーが流れると「バーチャ新作か」「10年待ってた!」などコメント欄は多いに盛り上がった。

「バーチャファイター」をeスポーツタイトルとして再始動する「バーチャファイター×esportsプロジェクト」が発表された(写真提供/セガグループ)
「バーチャファイター」をeスポーツタイトルとして再始動する「バーチャファイター×esportsプロジェクト」が発表された(写真提供/セガグループ)

 ほかにもセガ設立60周年の関連イベントを相次いで実施する。「サクラ大戦」や「ペルソナ」など、セガ・アトラスを代表するシリーズの楽曲をバンド編成で演奏する無観客ライブ「SEGA 60th ANNIVERSARY LIVE」の開催が決定。配信日時は2020年12月19日19時から。番組配信と同時にチケットが発売された。21年1月にはセガファンに向けた企画として、セガに関する幅広い知識を問う「セガい共通テスト」をオンラインで実施する。参加者は自分の「セガ偏差値」が分かるほか、成績優秀者の中から抽選で特別なプレゼントが贈呈されるという。

「セガい共通テスト」は日本語・英語の2カ国語で実施される。世界のセガファンも受験可能だ
「セガい共通テスト」は日本語・英語の2カ国語で実施される。世界のセガファンも受験可能だ