東京ゲームショウ2020オンライン(TGS2020 ONLINE)の主催者番組「2021年に向けたゲーム業界最新トレンド」が2020年9月25日に配信された。これから発売される新型ゲーム機と新たなゲーム体験をもたらすVR(仮想現実)機器を軸に、ゲーム分野の最新技術を紹介。そこから見えてきたのは、未来のゲームトレンドだった。

 「2021年に向けたゲーム業界最新トレンド」では、ゲームジャーナリストの新清士氏、テクニカルジャーナリストの西川善司氏、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンの簗瀬洋平氏と、モデレーターを務める日経クロステックの東将大記者の4人が、ゲームの未来についてトークを展開した。最初のテーマは「最新コンソールゲーム機 PlayStaion & Xbox」。ここでは2020年11月に発売される新型コンソールゲーム機PlayStation 5(PS5)、そしてXbox Series X/Sの特徴と、その魅力について語られた。

ゲームジャーナリストの新清士氏
ゲームジャーナリストの新清士氏
テクニカルジャーナリストの西川善司氏
テクニカルジャーナリストの西川善司氏

 「グラフィックスがすごく向上している。5年先を見たハード。予想よりも感覚的に1万円くらい安い」と新氏。それに対して西川氏は「ゲーム体験を一段上げるマシン。早くPS5は背面にどんな端子があるのか見たい」と話す。簗瀬氏は「どのように体験が変わるかに注目。読み込みの速さにも期待」と述べるなど、全員が高い期待を寄せた。

 実はこの両マシン、ともにCPUに米AMDのZen 2、GPUは同じくAMDのRDNA 2を搭載し、骨格部の性能に大きな差はない。では違いはどこにあるのか。

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンの簗瀬洋平氏
ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンの簗瀬洋平氏
モデレーターを務めた日経クロステックの東将大記者
モデレーターを務めた日経クロステックの東将大記者

 「ストレージとのバス接続が違う。PS5は伝送路が4車線あるイメージ。Xboxは2車線だけど、外付けSSDにも2車線ある。PS5は速度を優先し、Xboxは汎用性を追求している」と西川氏。また双方ともに3Dオーディオを採用しているが、「PS5は上下左右の360度をカバーする方式。Xboxはドルビーを使い、プロジェクトアコースティックという仕組みを採用している」と西川氏は違いを解説した。

 どちらを買うのがいいのか。そんな意地悪な質問に対しては「遊びたいゲームが出たら買う。面白さはスペックでは決まらない」という西川氏の言葉に全員が同意。その上で新氏は「ネットフリックスのビジネスモデルへのシフトが始まる。サービス面での競争へとシフトしていく」とみる。それに対して西川氏は「双方ともドライブがないモデルが象徴的。これはサブスク系のユーザーのためのハードになるだろう」と予想する。

両マシンの主な仕様を見ると、CPUやGPUに大きな差はなく、ストレージや3Dオーディオに違いがあることが分かる
両マシンの主な仕様を見ると、CPUやGPUに大きな差はなく、ストレージや3Dオーディオに違いがあることが分かる