「東京ゲームショウ 2020 オンライン(TGS2020 ONLINE)」の公式番組で、日本マイクロソフトに続き2番目に配信したのはスクウェア・エニックス。『ニーア レプリカント(NieR Replicant)』のバージョンアップ作品『ver.1.22474487139...』を2021年4月22日に発売すると発表した。

『ニーア レプリカント ver.1.22474487139...』の一場面。幻想的な3Dグラフックス空間を描いている
『ニーア レプリカント ver.1.22474487139...』の一場面。幻想的な3Dグラフックス空間を描いている

 『ニーア』は2020年で10周年を迎えたアクションRPGの人気シリーズ。『ニーア レプリカント ver.1.22474487139...』は、10年4月に発売された前作をベースとしたバージョンアップ作品となる。辺境の村に住む心優しい少年が不治の病にかかってしまった妹を救う希望を探すために旅に出る——という導入部から始まるややダークなストーリーがファンをひき付けてきた。

スクウェア・エニックスの特別番組「ニーア TGS2020特番 まぁまぁ新情報がありまスペシャル」
スクウェア・エニックスの特別番組「ニーア TGS2020特番 まぁまぁ新情報がありまスペシャル」

 「ニーア TGS2020特番 まぁまぁ新情報がありまスペシャル」と題して20年9月24日午後10時から配信した特別番組は、「ニーア」シリーズのプロデューサーでスクウェア・エニックス取締役兼執行役員の齊藤陽介氏をはじめ、開発陣らが終始リラックスした雰囲気で対話しながら、複数の新情報を紹介した。

11年目の記念日に発売

 その中でも目玉は『ver.1.22474487139...』の発売日。ゲーム画面を紹介する動画の中で21年4月22日と公表した。前作の発売日だった10年4月22日からちょうど11年目となる。その理由について齊藤氏は「アニバーサリーをいろいろ作ると面倒くさいので一緒の日にした」とおどけながら紹介。ファンにとっては印象深い記念日になりそうだ。

実機を使って開発中のデモ画面を紹介。従来と比べて動きが滑らかになっていることを見せた
実機を使って開発中のデモ画面を紹介。従来と比べて動きが滑らかになっていることを見せた

 『ver.1.22474487139...』の対応プラットフォームはPlayStation 4とXbox One。パソコン向けにもゲーム配信サービスのSteamで販売する。平原が広がる3Dグラフィックスの中で主人公が敵と戦う実機によるデモの様子を見せた。移動やジャンプをしながら魔法を放つことができるようにするなどアクション性を高め、動きも滑らかになっていることを紹介。動画の視聴者からは「めっちゃ動き滑らかになってない!?」「モーションかなり良くなってるね」と称賛するコメントが寄せられていた。