日経クロストレンドでは、2018年、19年に続き、20年もゴールデンボンバーの歌広場淳さんにインタビューを実施。彼の目から見たゲームおよびeスポーツの今と、本業の音楽を含むイベントへの新型コロナウイルス感染症の影響について、3回にわたって語ってもらった。

ヴィジュアル系エアーバンド「ゴールデンボンバー」でベースを担当する歌広場淳さんは、eスポーツイベントに自ら出場したり、解説やMCも務めたりと、eスポーツへの造詣も深い(写真/小林 伸)
ヴィジュアル系エアーバンド「ゴールデンボンバー」でベースを担当する歌広場淳さんは、eスポーツイベントに自ら出場したり、解説やMCも務めたりと、eスポーツへの造詣も深い(写真/小林 伸)

 ヴィジュアル系エアーバンド「ゴールデンボンバー」のメンバーとして活躍する歌広場淳さん。彼のもう一つの側面が、対戦格闘ゲームのすご腕プレーヤーであることだ。

 日経クロストレンドでは2018年から毎年、東京ゲームショウ(TGS)の時期に歌広場淳さんの短期連載を掲載。同イベントをリポートしてもらうとともに、あるときはプレーヤーとして、またあるときは関連イベントやメディアに出演するコメンテーターとして、ゲームやeスポーツに関わっている彼の目から見た、eスポーツの現状や課題、可能性を聞いてきた。

 3年目となる2020年も同様の連載を開設。興隆期を経て社会に定着しつつあるeスポーツの今と、新型コロナウイルス感染症の影響をテーマに据えた。すると、話はeスポーツを取り巻く状況の変化から歌広場さんのゲームとの向き合い方、さらにはeスポーツに限らない、彼の本業であるライブイベントも含めた、エンターテインメントビジネス全般の新しい在り方にまで及んだ。こちらはその第1回目。

今回のインタビューはZoomで行った
今回のインタビューはZoomで行った

多彩なパンチを期待していた2020年

――2020年も3分の2が終わりましたが、19年から20年にかけてのeスポーツの状況をどう見ていますか。

歌広場淳さん(以下、歌広場) 18年が「eスポーツ元年」といわれるほど盛り上がった年なら、19年はそれを受けて広める年でしたね。eスポーツに関わる多くの方たちの努力もあって、実際、この2年で格段に広まったと素直に実感しています。

 東京ゲームショウの特設ステージのようなeスポーツファン以外の人も集まる場で多くの観客を集めた大会が開かれたり、テレビ番組などでeスポーツを取り上げることが増えたりしました。その結果、それまで興味のなかった人が偶然eスポーツに触れたり、世界規模の大会が開催されるゲームもあることを知ったりと、eスポーツの裾野が広がるきっかけが多く生まれました。それに伴って、eスポーツを含め、ゲーム全般の奥深さを知ってもらうための闘い方というか、見せ方が変わってきていると感じています。

 ボクサーに例えると、18年は「eスポーツってこういうものだ」というストレートでしか勝負していなかったのが、相手の意識の外側から攻めるフックのようなパンチも繰り出せるようになったというか。

 だからこそ、20年はさらに多彩なパンチが飛び出す年になると思っていたんですけど……。

――新型コロナウイルス感染症の流行で、状況が激変してしまいました。

歌広場 大きく舵(かじ)を切らざるを得ない状況になりましたね。ただ、僕自身も苦しむことになったパンデミックの中、ゲーム業界は逆に活気づいているのが興味深いです。

 今までゲームにさほど興味を抱いていなかった人も、外出自粛中はゲームで遊ぶのが珍しいことではなくなったようです。これには、eスポーツが注目され、ゲームがいろいろなメディアに登場するようになったことも影響していると思います。

日本を征服する勢いを感じた『あつ森』

――かつてゲームをやっていた人のカムバックもあれば、新たにゲームに興味を持った人も増えた印象です。

歌広場 ゲームが改めて見直された感がありましたし、「ゲームの進化に置いて行かれた」と思い込んでいた人たちがたくさんいたことも判明しましたね(笑)。

 ゲームをするきっかけを探っていた人がこれを機に復活し、一気に1日に何時間も遊ぶヘビーゲーマーになった例は僕の周りにもいますから、結構多いんじゃないでしょうか?

――『あつまれ どうぶつの森』(あつ森)のように親しみやすいゲームがこの時期に出た影響も大きそうです。

歌広場 僕は対戦ゲームがメインなのでそこまで遊んだことがないのですが、すごい訴求力があるようですね。

 あまり良い趣味ではないと自覚しつつも、関わり合いのないミュージシャンやモデル、芸能人の方々のSNSを見るのが僕は好きなんですが、そういう方たちはプロフィル欄でアマゾンの「ほしい物リスト」を公開しているケースが多いんですよ。そこには十中八九、Nintendo Switchと『あつまれ どうぶつの森』が並んでいて、それを見ると「なるほどなぁ」と感じます。

 一見ゲームをやりそうもない人までが同じように挙げているのを見ると「とんでもないことが起きているな」と。こういった層の人たちにまで届いたからNintendo Switchは品切れになったんですよね(関連記事「日本ゲーム大賞、令和初の作品は『あつまれ どうぶつの森』【TGS2020】」) 。