外出自粛を強いられた2020年以降、多くの家庭が冷凍食品(冷食)の簡便性を再評価した。日本冷凍食品協会の21年2月の調査によると、全体の約3割が「冷食を食べる機会が1年前より増えた」と回答。その冷食の中でも人気を集める冷凍ギョーザで、18年連続で販売トップを維持するのが味の素冷凍食品。冷凍ギョーザだけで年間200億円を売り上げる、冷食業界のフロントランナーの1社だ。

※日経トレンディ2021年6月号の記事を再構成。

味の素冷凍食品 「ザ★」シリーズ
マーケティング本部長 下保 寛氏

1965年、東京生まれ。88年、味の素入社、2006年、香港アモイフード社会長、15年、欧州アフリカ本部兼ヨーロッパ味の素社副社長。18年、味の素冷凍食品常務執行役員国内統括事業部長、19年7月より現職

 味の素冷凍食品のマーケティング本部長として同社製品の指揮を執る下保寛氏は、冷凍食品の可能性について、「味の素グループで年間300億円を投じている研究開発の中には、次のヒットを仕掛ける種がたくさんある。まだまだ冷食はおいしく、面白くなる」と話す。

 下保氏は海外勤務が長く、18年まで冷凍ギョーザを欧州や香港などで売り歩いてきた。「海外の人も、ただフライパンに並べて中火で約5分間蒸し焼きにすればおいしいメインディッシュができることを評価する。誰でも失敗知らずという点も手伝って、徐々に味の素のギョーザは“日本発、世界のGYOZA”として認知されつつある」(下保氏)。結果として同社の冷食の海外売り上げ比率は約5割となった。

 香港駐在時に、スタッフに現地で売っていたギョーザと食べ比べてもらったところ、全員が「冷凍ギョーザの方がおいしい」と答えたのは忘れられない思い出だ。

18年連続で家庭用冷凍ギョーザで日本一
年々進化する製法、海外でも認知度高まる

■ 1972年:冷凍ギョーザ発売
■ 1972年:冷凍ギョーザ発売
■ 1997年:油無しで焼ける製法を採用
■ 1997年:油無しで焼ける製法を採用
■ 2012年:油も水も要らない技術を開発
■ 2012年:油も水も要らない技術を開発
■ 2021年:パッケージには「ギョーザ売上 日本一!!」の文字
■ 2021年:パッケージには「ギョーザ売上 日本一!!」の文字

このコンテンツ・機能は会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
11
この記事をいいね!する

日経トレンディ10月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2021年10月号
【巻頭特集】業務スーパー、カインズ、ワークマン大研究
【第2特集】家電のサブスク お得度チェック
【ヒット商品連載】ニコン「Z fc」、BMW「MINI」 他
【人気連載】40代おじさん白書 ロンブー田村淳に聞く
発行・発売日:2021年9月3日
特別定価:700円(紙版、税込み)
Amazonで購入する