連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK)や「今日から俺は!!」(日本テレビ系)などで着実に知名度を高め、現在は「珈琲いかがでしょう」(テレビ東京系)と、大河ドラマ「青天を衝け」(NHK)が放送中。映画公開も今後次々控える、今最も旬な俳優の一人が磯村勇斗だ。長い下積み期間を経てブレイクを果たした彼の、今の率直な思いに迫った。

※日経トレンディ2021年6月号の記事を再構成

俳優 磯村 勇斗
いそむら・はやと 1992年静岡県沼津市生まれ。2015年「仮面ライダーゴースト」で初めてのレギュラー出演。「恋する母たち」(TBS系)や、NHK大河ドラマ「青天を衝け」など、数々の話題作に出演し、『東京リベンジャーズ』など映画公開も控える

――朝ドラ「ひよっこ」(NHK)でヒロインの爽やかな恋人を演じたかと思えば、「今日から俺は!!」(日本テレビ系)では、極悪非道のツッパリとして大暴れ。同性愛者の美青年を演じた「きのう何食べた?」(テレビ東京系)で年上の恋人を翻弄し、「恋する母たち」(TBS系)ではイケメン会社員として既婚の上司に熱烈アプローチし、女性ファンの心をわしづかみにした。振り幅の大きな役を魅力的に演じ分ける、今注目の実力派俳優こそ、磯村勇斗だ。

――出演作品が続き、ウェブニュース、雑誌、映像など磯村を見ない日は無い。「珈琲いかがでしょう」(テレビ東京系)と、自身初出演となった大河ドラマ「青天を衝け」(NHK)は現在放送中。映画の『劇場版 きのう何食べた?』と『東京リベンジャーズ』も今後公開予定だ。

――今、最も期待される俳優として存在感を放つ28歳だが、俳優への道を志したのは、中学生の頃だったという。夢をひたむきに追い続け、それがかなった今、何を思い、どこへ行こうとしているのか。その胸の内に迫った。

磯村 印象の異なる様々な役柄をやらせていただけることは、俳優としてとても幸せだと思います。例えば、「今日から俺は!!」の凶悪なツッパリ・相良役は、「ひよっこ」のヒデ役で爽やかな好青年役を長く演じていた時にいただいたお話でした。それまでとは180度異なるヒール役。すごくうれしくて、思い切りダークサイドに振り切って演じました。撮影そのものもとても楽しかったです。

 相良のような凶悪な人物を演じるときには、どうやって役作りをするのですか、と聞かれることがあります。理解も共感もしがたい人物であっても、役作りの手順は、他の役柄と変わりません。まず、台本を深く読み込み、しっかり自分の中に人物像を落とし込みます。そのうえで、頭の中で考えたそれを全部捨ててしまい、現場にはゼロ、せりふだけ入っている状態で臨む。現場ではあまり考えず、そこで生まれるものだけを大切にして演じています。感情を動かしてくれるのは相手の俳優さん。相良でいうなら、賀来賢人さん演じる三橋の言動にすごく挑発されて、怒りを爆発させていました。頭で考えなくても役柄として現場にいれば、心は動くものなんです。

 役作りという意味では、役柄のビジュアルにこだわることも俳優として心掛けています。ビジュアルの力はやはり大きい。髪型や体形などを説得力のあるものに作り込んでおけば、画面に一瞬登場しただけで、役柄のキャラクターを見る人に伝えることができます。

 今、放送中のドラマ「珈琲いかがでしょう」で演じているチンピラ・ぺいはちょっと不思議な役どころです。主人公の中村倫也さん演じるコーヒー店店主の青山とは因縁があり、それが後半で明かされていくのですが、第1話から登場するものの、前半は毎回ちらっと姿を見せるだけの謎の人物。こういった役柄って、どの程度印象づけるか、ニュアンスがすごく難しいんです。一目見ただけで「こいつ絶対何かやるだろう」という期待は持たせたい。でも、怪しさを出し過ぎるわけにはいかない。

 それで、ぺい役を演じるに当たっては、髪を金色に染め、短くカット。原作の雰囲気に近づけるため、メイクでそばかすを作って目の下に少しクマを描き、肌もちょっとざらついて汚れた感じに見えるようにしていただきました。こうしてメイクが決まり、衣装を身に着けると、バチッと僕のスイッチが入ります。そんな僕の姿を見て、ぺいという人物を分かってもらえると、演じ甲斐もあります。