SEKAI NO OWARI、ゆず、Official髭男dismなどの楽曲プロデュースやライブ音源制作を手掛ける音楽プロデューサー・保本真吾氏が、2021年4月からラジオ番組『ジョイミューラジオ!』をスタートした。その放送開始につながった新人発掘プロジェクト「Enjoy Music!」の立ち上げの経緯や、番組が目指すところ、感じている手応えなどを聞いた。

保本 真吾 氏
音楽プロデューサー
プロデュースチーム「CHRYSANTHEMUM BRIDGE」のクリエイターとして、SEKAI NO OWARI。ゆず、Official髭男dism、SKY-HI、androp、井上陽水などのアレンジやサウンドプロデュースを手掛ける。また、楽曲提供や映画・ドラマの音楽、ライブ音源制作やコンサートのサウンドプロデュースなど幅広く手掛ける
『ジョイミューラジオ!』(Inter FM・土曜午後11時30分~日曜午前0時、Kiss FM KOBE・日曜午前1時~1時30分)。パーソナリティーは保本真吾氏、Talkパートナーはzopp氏
『ジョイミューラジオ!』(Inter FM・土曜午後11時30分~日曜午前0時、Kiss FM KOBE・日曜午前1時~1時30分)。パーソナリティーは保本真吾氏、Talkパートナーはzopp氏

 SEKAI NO OWARI(セカオワ)、ゆず、Official髭男dism(ヒゲダン)などの楽曲プロデュースやライブ音源制作を手掛ける音楽プロデューサー・保本真吾氏が、2021年4月からラジオ番組『ジョイミューラジオ!』をスタートした。SNSで才能あるアーティストを発掘する保本氏の新人発掘プロジェクト「Enjoy Music!」(以下「ジョイミュー」)の流れをくむ番組だ。

 ジョイミューは保本氏が立ち上げた、新人アーティストの発掘を目的とするプロジェクト。すでに複数のアーティストの音源がまとめられたコンピレーションアルバムがリリースされたり、恵比寿LIQUIDROOM(リキッドルーム)でのフェスが立ち上げられたりするなど、速いスピードで発展を遂げている。まずは『ジョイミューラジオ!』の放送開始につながる、ジョイミュー立ち上げの経緯から聞いた。

 「20年4月の緊急事態宣言で仕事も無くなり、音楽が不要不急と言われ、自分の存在価値を自問自答するくらい落ち込んだんです。そんな時に、『今、僕と音楽を作りたい人はいるのかな……』と20年5月に思わずSNSでつぶやきました。すると、クオリティーの高い音源がたくさん送られてきたんですね。すぐに感想やアドバイスをリプライでコメントしたら、『保本さんからリプが来た』という反応が拡散されたんです」(保本氏)

 結果、その投稿から1週間ほど、保本氏の携帯が鳴りやまないほどのメッセージが届いた。最終的に届けられた音源は約700作品にも上った。「まだまだ世に出ていない才能あふれるアーティストはたくさんいる」と確信した保本氏は、プロジェクトを立ち上げる。それがジョイミューだった。

 「コロナ禍で僕自身も、来る仕事だけやっていたら生き残れないと思いました。自分でアーティストを発掘して、一緒に仕事をするのが一番早いんじゃないかなと。僕自身、自分のヒット曲があったり、バンドでデビューしていたり、バリバリのスタジオミュージシャンだったりという華麗な経歴はありません。セカオワの『RPG』をプロデュースしてヒットしたのは38歳の時。それまではバイトや派遣の仕事もしていて、派遣切りされた経験もあります。周囲に『いいかげん音楽なんかやってないで普通の仕事に就けば』と言われながら、粘っていた時期にヒットが出せた。だから、何歳でも希望を持っていてほしいんです。

 ジョイミューでも年齢制限を設けていません。10代から60代まで、幅広い人が音源を送ってきてくれました。リトライは何度でもOKなので、次に音源を送ってきてくれる時は、僕のアドバイスを生かして成長してるんですよね。チャンスは無限に広がっているなと自分でも思いましたし、何度もやり取りして育てていく感覚も味わいました」(保本氏)