映画『朝が来る』で、第44回日本アカデミー賞新人俳優賞などを受賞した18歳の蒔田彩珠。7歳の時より子役として活動を始め、是枝裕和監督作品に4度にわたって出演するなど、その実力を開花させた。Huluオリジナルのオムニバスドラマ「息をひそめて」など今後も話題作への出演が続く彼女に、今の率直な思いを聞いた。

蒔田 彩珠
まきた・あじゅ。2002年8月7日生まれ、神奈川県出身。09年より子役として活動し、ドラマ「ゴーイング マイ ホーム」や、映画『三度目の殺人』、映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』、映画『万引き家族』など話題作に数多く出演。映画『朝が来る』で、第44回日本アカデミー賞新人俳優賞などを受賞。NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』(21年5月17日放送開始)に、ヒロインの妹・永浦未知役で出演する。

――映画『朝が来る』で望まぬ妊娠をし、出産した子供を、子供に恵まれない夫婦に特別養子縁組に出すという14歳の片倉ひかり役を演じた蒔田彩珠。みずみずしかった少女が傷を負い、深い闇を抱え、大人になっていく様を見事に演じ、第44回日本アカデミー賞新人俳優賞などを受賞した。

――デビューは7歳の時。子役として活動する兄の影響で芸能事務所に所属した。以降、めきめきと頭角を現し、『3度目の殺人』や『万引き家族』など、日本を代表する映画監督・是枝裕和氏の作品に4度出演していることでも知られる生粋の実力派。2021年、さらなる飛躍が期待される18歳だ。

蒔田 10歳の時に「ゴーイング マイ ホーム」(フジテレビ系)というドラマに出させていただいたんですが、そこで是枝監督と出会えたことが一番の転機だったと思います。それまでは、お母さんに付いて撮影現場に行って、どこか遊び半分なところもあったと思うんです。でも、「ゴーイング マイ ホーム」の現場で半年間くらい、自分の役のことを深く考えたり、真剣に向き合っている大人の俳優の方々を目の当たりにしたりして、自分もそうやって役と向き合って、俳優というお仕事をしっかりと続けていきたいなって思ったんです。その時が、初めて役者というお仕事が自分にとって一番楽しいことだと知ったタイミングだった気がします。

――役作りで大事にしているのは、「考えるのではなく気持ちで演じる」ということ。そのスタイルを意識するきっかけも是枝監督からの言葉だった。

蒔田 是枝監督に「せりふは覚えて話すのではなく、相手にこう言われたからこういうせりふが出てくる、っていう経緯をちゃんとたどることが大事だよ」と言われたんです。そうやって作品に入り込むことが大事だと気付かされました。別の機会では、事務所の社長に「役の過去を想像するのが大事だ」って言われたこともあって。それまでは台本に書かれていることしか意識していなかったんですが、脚本に書かれてないその役の過去や背景を想像するようになりました。そうしてからの方が、気持ちの振り幅が広くなり、気持ちを乗せて演じやすくなりました。

――最新作は21年4月23日から配信されるオムニバスドラマ、Huluオリジナル「息をひそめて」。第4話「この町のことが好きじゃなかった」に出演し、母を1年前に亡くし、光石研演じる父と2人で暮らす高校3年生・三隅夕河を演じている。

蒔田 夕河はコロナの影響で大学の始業が延びてしまい、1年前にお母さんを亡くしていることもあって、やり場のない気持ちを抱えている。そんな中で、ウーバーイーツのバイトを始めて心機一転しようとしているところに、「ちゃんと新しいことに挑戦できる子なんだな」と思いました。でも、前向きな気持ちで始めたそのバイトもうまくいかないことがある。せりふが多い役ではないですが、気持ちの波はしっかりとあるので、そこを大事に演じたつもりです。

 父親役の光石さんは撮影現場で色々な人にニコニコして話しかけて、場の空気をパッと明るくしてくださる方。今回の撮影は団地の中で籠もるシーンが多かったんですが、光石さんの明るさにみんな助けられていたと思います。私もやっぱり常に明るくいたいと思っているので、現場ではずっとしゃべっているんです(笑)。現場が楽しくないと、お芝居も楽しくなくなってしまうと思うので。

映画『四月の永い夢』などで注目を集める若手映画監督、中川龍太郎氏が監督・脚本を手掛けたHuluオリジナルドラマ「息をひそめて」。第4話で蒔田は、コロナ禍で大学進学を前に授業開始が延期され、閉鎖的な環境に息苦しさを感じる中、暇つぶしにウーバーイーツの配達員を始める三隅夕河(写真下左)を演じる
映画『四月の永い夢』などで注目を集める若手映画監督、中川龍太郎氏が監督・脚本を手掛けたHuluオリジナルドラマ「息をひそめて」。第4話で蒔田は、コロナ禍で大学進学を前に授業開始が延期され、閉鎖的な環境に息苦しさを感じる中、暇つぶしにウーバーイーツの配達員を始める三隅夕河(写真下左)を演じる

 お仕事に対して、「楽しいからやってるんだ」っていう気持ちをずっと忘れたくないんです。自分もそうですし、もし自分に子供がいたとしたら、やっぱり自分の楽しいことをやってほしいって思いますね。仕事をしていて一番好きな瞬間は、カメラの前に立って、 自分というものが完全に抜けて、100%その役になれたと感じた時です。