話術のプロとして真っ先に挙がる職業の一つが、ラジオDJだ。30年以上にわたりラジオDJを務め、「GROOVE LINE」でJ-WAVEの夕方の顔として長年活躍するピストン西沢氏に、話し方のテクニックを聞いた。話のうまさは先天的なものではなく、練習次第で誰でも身に付けることができる。

※日経トレンディ2021年5月号の記事を再構成
ピストン西沢 氏
ディスクジョッキー(DJ)
大学在学中からクラブDJとして活動し、30年以上にわたりラジオDJとして活躍。硬軟織り交ぜたトークとともに、多くの人気DJたちからリスペクトされるオリジナルなミックスは健在

 話術のプロといえる職業の一つが、ラジオのディスクジョッキー(DJ)だ。音声SNSが盛り上がっている時代だからこそ、熟練のプロの技にも注目したい。そこで、ラジオDJを30年以上務め、「GROOVE LINE」でJ-WAVE(81.3FM)の夕方の顔として長年活躍するピストン西沢氏に話を聞いた。

 実は企業相手に多くのプレゼンをしているピストン西沢氏。取材直前にも、某一部上場自動車会社の宣伝部にオンラインでプレゼンをしていたという。まずは、プレゼンで相手を口説き落とすテクニックの話から。

──ピストン西沢さんがプレゼンをされるときは、どんなことを意識しているのでしょうか。

ピストン西沢: 目の前で話を聞いている担当者を口説くという意識がすごく大事。プレゼンは「プレゼンをする人 対 会社」という構図を思い描く人もいると思いますが、そうではない。プレゼンをする人と会社の入り口にいる担当者という、「人 対 人」。相手をうまく口説くことこそが、プレゼンを成功させる秘訣です。

 相手に「僕はものすごくこれに懸けたくなりました」とか、シンプルに「面白かった」と言ってもらえれば、その人が牽引役になって、社内で話をまとめてくれる可能性がありますよね。そのためには相手を興奮させる、温度を上げる話し方をすることです。