ネガティブで人見知りな草薙航基のキャラクターが受け、2019年頃から人気が上昇、さらなるブレイクが予想されるお笑いコンビ、宮下草薙。その人気の源泉ともいえる番組が、毎週金曜深夜に放送中の「宮下草薙の15分」(文化放送)だ。ツッコミ役・宮下兼史鷹とボケ役・草薙がただ15分間トークをするだけのシンプルな内容だが、当初3カ月限定の予定が改編を乗り越え今も続く。彼らがなぜ人気を博しているのか。

※日経トレンディ別冊「すごいラジオ大研究100」の記事を再構成

宮下兼史鷹(右)と草薙航基(左)
宮下兼史鷹(右)と草薙航基(左)
文化放送「宮下草薙の15分」は毎週・金曜26時45分~27時に放送中
宮下草薙
みやしたくさなぎ。1991年生まれで愛知県出身の草薙航基(くさなぎ・こうき)と、90年生まれで群馬県出身の宮下兼史鷹(みやした・けんしょう)からなるお笑いコンビ。2016年、もともとピン芸人として活動していた宮下が、コンビの結成と解消を繰り返していた草薙に声を掛け結成

――20年1月スタートのラジオ番組「宮下草薙の15分」は、20年9月に日経トレンディが実施した「好きなラジオ番組ランキング」で9位にランクインしました。ラジオはどんな存在ですか。

草薙 ラジオが始まる前は、2人でテレビ番組に出ていても、宮下のトークがカットされることもあって、宮下ってどういう人なのかがイマイチ伝わっていない気がしていたんです。でも、ラジオはカットされないので、「宮下ってこんなやつなんだな」というのが浸透していった気がします。「ちゃんと仕切れるんだ」「意外と話せるんだ」と受け取ってもらえて、宮下がそういう役割を担う形が増えた。

 以前はなぜか僕が仕切り役になってて、しかも全然うまくいかなくて、収録後、逃げるように現場から立ち去ることも多かったんです(笑)。でも、最近はカンペに「宮下仕切りで」って書いてあることも増えてて、実際、宮下がちゃんと仕切っています。僕はすごくやりやすくなりました。

宮下 自分としては、まだまだちゃんと仕切れてないと思っているんですが(笑)。でも、業界の人によく「ラジオ面白かったよ」と言ってもらえる機会が多くなりました。テレビの収録現場でも、もしかしたらスタッフさんの誰かが僕たちのラジオを聴いてくれていて、それで、「僕の話も求めてくれてるんじゃないか」と。そう思うことで、気持ち的に話しやすくなりましたね。昔はあまり求められてない感じがしていましたから(笑)。

 そしてやっぱり、テレビ番組でトークがカットされちゃったり、うまくいかなかったりするときは、「宮下草薙の15分」が憩いの場になります。そこでの15分間のトークで、もやもやしていた気持ちを昇華できる。戻る場所があることが僕のメンタル面の強化にもつながっています。

草薙 だから、ラジオで失敗したときこそヤバいんだよね。テレビの失敗はラジオで話せるけど、ラジオで失敗したときは、話せる場所が無いから。

宮下 すがるものが無い(笑)。でも「ラジオがうまくいかない」っていう悩みを『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日)で取り上げられたこともあったよね。結局、循環してるんです(笑)。