半沢、わたナギ、MIU…TBSのキーパーソンが語るドラマの作り方(画像)

コロナ禍で2020年4月期ドラマの延期や中断が相次いだテレビ業界。その後やや平静を取り戻した7月期ドラマで圧倒的な強さを見せたのがTBSテレビだ。「半沢直樹」の最終回は、関東地区の平均世帯視聴率が32.7%を記録(ビデオリサーチ調べ)。同期の「私の家政夫ナギサさん」と「MIU404」も高視聴率で話題となった。なぜここまでTBSは強いのか。その秘密を同社編成局長の瀬戸口克陽氏に聞いた。

<前回(第4回)はこちら

瀬戸口 克陽(せとぐち かつあき)氏
TBSテレビ 総合編成本部 編成局長
1973年生まれ。鹿児島県出身。東京大学を卒業後TBS(現TBSテレビ)入社。プロデューサーとして数々のヒットドラマを生み出す。自身がプロデュースしたドラマ「Around40~注文の多いオンナたち~」から広まった「アラフォー」という言葉は、2008年新語・流行語大賞で年間大賞に選ばれ社会現象にもなった。2020年7月から現職。

自分の企画に世の中との接点をつくれるのがプロ

 瀬戸口氏は、「花より男子」「華麗なる一族」など数多くのヒットドラマを手掛け、20年7月に編成局長に就任した。編成の役割について「簡単に言うと『局としてこういう方向に進もう』という方針を決めて、その旗振り役を務めるのが仕事。その方針にのっとってさまざまな判断を行い、どの番組をいつ放送するかを決めていく」と話す。

 最近のTBSの方向性を示す言葉が、「ファミリーコア」だ。「(ドラマに限らず)13~59歳のファミリー層に向けた番組作りを局として重視している。会議などでは、これまでの世帯視聴率ではなく個人視聴率を指標として話すことが当たり前になった」。個人視聴率については、20年3月からビデオリサーチ(東京・千代田)が全国レベルでの提供を始めており、世帯内で誰がどれくらいテレビを見ていたかが詳しく分かるようになった。こうしたデータを活用し、若い層に刺さるコンテンツ作りを進めてきたことがヒットの背景にはある。

 とはいえ、データ分析だけではヒットは生まれにくい。TBSの伝統的なスタンスである「企画主義」を、瀬戸口氏が貫いている点もドラマがヒットした要因といえる。「プロデューサーのやりたいことや伝えたいこと」、つまり企画を出発点とし、その企画からドラマを作っていく。「プロデューサーにはとにかく“企画を持ってきてください”と伝えている。それに対し『やる・やらない』を編成としてジャッジする」

 「やる・やらない」の判断基準は世の中と接点があるかどうかを重視する。瀬戸口氏は「自分が作りたいものを作るのはアマチュア。プロフェッショナルは、この企画がなぜ今必要なのかを考えて、自分が作りたいものに世の中が“見たい”と思う接点を作れる」と話す。例えば「私の家政夫ナギサさん」は、男性が“家政夫”であるという設定が時代に合っていると考えて即決したという。

 世の中との接点の作り方にはさまざまな方法がある。瀬戸口氏が「Around40~注文の多いオンナたち~」を作ったときは、周囲にいた3人の女性それぞれに人生のターニングポイントが訪れたことがきっかけだった。「3人に話を聞いたら偶然年齢が39歳。そこから着想を得て、企画に落とし込んだ。自分が作品を手掛けるときは、身近な体験の中にある驚きや発見を大切にしてきた」

 ドラマの企画はなんと2年も前から立ち上げる。以前からTBSにはそうした傾向があったのだが、ここ数年でそのやり方が徹底されてきたという。「今だと22~23年の企画を進めている。業界の中でもよく『TBSは動きが早い』との声をいただくが、我々からするとこのくらいのスピード感を持って進めていかないとベストなものは作れないと考えている」。出演者や脚本家などベストの布陣を組むには、仕掛けの早さが重要ということだ。

 ただ、2年も前の企画だと放映時の社会情勢とのズレが心配になる。20年はまさにコロナ禍で社会情勢が一気に変わってしまった。「ドラマは時代の空気を反映させるもの。企画の太い幹は変わらないが、世の中の情勢によって脚本やセリフなどが変わることはもちろんある」。放映開始が4月から7月に延期された「半沢直樹」では、コロナ禍でも必死に働く人々に向けたエールのようなセリフもあり、ネットなどで話題になった。

個性的なキャラクターの数々の名ゼリフも話題になった「半沢直樹」(C)TBS
個性的なキャラクターの数々の名ゼリフも話題になった「半沢直樹」(C)TBS