加藤さんが長年にわたって作り続けてきたSSZのZINE(ジン、個人が自主製作する冊子)

“アツい冊子”自主製作するビームス名物バイヤー 熱量の原点

2021年12月13日
  • 『アパレルに未来はある』著者:川島蓉子
  • セレクトショップ「ビームス」のサーフスケートのバイヤー兼「SSZ」のディレクターの加藤忠幸氏は、家業である農業を営む加藤農園4代目。自然と密接したライフスタイルと、そのキャラクターも相まって業界からもファンの多い名物バイヤー。豊富な知識と独自の視点で新しいカルチャーを築く
  • SSZはSurf & Sk8 Zineの略であり、ブランドとしてうたっているのは「サーフィン、スケートを通して、いま自分たちが着たい服、自分たちのスタイルを音楽やアート、メッセージとともに発信するレーベル」
  • 加藤さんが長年にわたって作り続けてきたSSZのZINE(ジン、個人が自主製作する冊子)