カインズのデジタル戦略と顧客体験

「我々が進めているのはDX(デジタルトランスフォーメーション)ではなく、CX(コーポレートトランスフォーメーション)。全社改革だ」――。カインズが今デジタル戦略に舵(かじ)を切った理由について、高家正行社長は意外な言葉を口にした。その真意とは?

カインズの高家正行社長は三井銀行(現三井住友銀行)から米コンサルティングファームのA.T.カーニーに移って戦略コンサルタントとなり、45歳でミスミグループ本社の社長に。2016年にカインズに入社し、19年から現職
カインズの高家正行社長は三井銀行(現三井住友銀行)から米コンサルティングファームのA.T.カーニーに移って戦略コンサルタントとなり、45歳でミスミグループ本社の社長に。2016年にカインズに入社し、19年から現職

 高家社長は三井銀行(現三井住友銀行)から米コンサルティングファームのA.T.カーニーに移って戦略コンサルタントとなり、リーマンショック直後の2008年に45歳でミスミグループ本社の社長に就任。業績を回復させた“プロ経営者”だ。ミスミを退職した後、当時カインズの社長を務めていた土屋裕雅会長に「カインズの経営を見てほしい」と請われて16年に入社した。

前回(第1回)はこちら

 実は高家氏が社長に就任した19年3月から遡ること4カ月。全店長と全幹部が700人程度集まる月次会議で、当時の社長である土屋裕雅会長が「これからカインズは“第3の創業”として不連続な改革をやっていく。そのために一番大きな人事が必要」と語り、社長交代を宣言したのだという。

 ベイシアグループ創業者の土屋嘉雄氏がカインズを立ち上げて日本全国に店舗を展開していったのが“第1の創業”。その長男である2代目社長の土屋裕雅会長がSPA(製造小売り)事業を立ち上げてPB(プライベートブランド)商品を拡大していったのが“第2の創業”。そして今回を第3の創業として、次のカインズをつくる宣言をしたわけだ。

 そんなカインズは、プロ経営者の目にどう映ったのだろうか。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>