カインズのデジタル戦略と顧客体験

オンラインショップで注文した商品を店外に設置したロッカーで24時間365日いつでも受け取れる――。ホームセンター大手のカインズ(埼玉県本庄市)が、米国の小売業界で導入が進むBOPIS(Buy Online Pick-up In Store)の新サービスを2020年9月中に開始することが分かった。24時間受け取れるBOPISサービスは国内のホームセンターでは初めて。新たな顧客体験の創出で、アマゾンなどのネット通販サービスと差異化する。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>