人気文具に学ぶ「ヒットのつくり方」

新型コロナウイルスの感染拡大により、外出を手控える傾向は現在も続いている。ネット通販を利用する機会が増えた人も多いだろう。ネット通販を利用するうえで、地味なストレスになるのが段ボール箱の開梱(かいこん)だ。厄介な開梱作業を楽にしてくれる、開梱専用のカッターナイフがオルファ(大阪市)の「カイコーン」だ。

前回(第11回)はこちら

3色のカラーバリエーションは、現場での使い勝手を考えた展開。例えば、食品を扱う現場では黄色より青のほうが目立ちやすいという
3色のカラーバリエーションは、現場での使い勝手を考えた展開。例えば、食品を扱う現場では黄色より青のほうが目立ちやすいという

 ネット通販や宅配便を利用するうえで、地味なストレスになるのが段ボール箱の開梱(かいこん)だ。最近ではつまみを引けば一気に開梱できる、ワンタッチタイプの段ボール箱も増えているが、粘着テープで封をしてある場合、剥がすか切るかしなければならない。重ね貼りしてある場合、剥がすのは厄介だし、普通のカッターナイフでは中身を傷つける恐れがある。

 オルファの「カイコーン」は厄介な開梱作業を楽にしてくれる、開梱専用のカッターナイフ。粘着テープで閉じられた段ボールを開ける場合、先端のとがった部分(テープスリッター)を、段ボールの合わせ目に突き刺す。薄いテープであれば、そのまま合わせ目に沿って引っ張るだけで開梱できる。テープスリッターは樹脂製でさほど鋭くないので、箱の中身を傷つける心配は少ない。

カギ爪部分がこの製品の要。刃を金型に入れるインサート成形で製造しているが、独自の手法で切るときの抵抗を減らせるようにした。この部分が特許になっている(写真提供/オルファ)
カギ爪部分がこの製品の要。刃を金型に入れるインサート成形で製造しているが、独自の手法で切るときの抵抗を減らせるようにした。この部分が特許になっている(写真提供/オルファ)

1年半で60万本以上を販売

 布テープのような丈夫なテープの場合、一度テープスリッターで穴を開けてから、先端の左右に飛び出ているカギ爪のような部分を穴に引っ掛ける。カギ爪の内側にはステンレス刃があり、これで丈夫なテープも切り裂くことができる。荷造りヒモやラップ、フィルム、薄い段ボールも、引っ掛けて引っ張れば切ることができる。刃が露出していないので、手や指が触れてけがをする心配も少ない。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>