コクヨIoT文具「しゅくだいやる気ペン」が高額でも売れる理由(画像)

小学校の低中学年を狙ったコクヨのIoT文具「しゅくだいやる気ペン」が好調だ。加速度センサーを内蔵した機器を市販の鉛筆に取り付けて使い、振動回数などからアプリで勉強への取り組みを“見える化”。6980円(税込み)で年間約1万台を販売した。アプリをストーリー仕立てのゲームにしてゴールを設定し、親が褒めるきっかけづくりにしたことが、子供のやる気に結び付いた。

前回(第4回)はこちら

「しゅくだいやる気ペン」は、市販の鉛筆に機器を取り付けるだけで済む
「しゅくだいやる気ペン」は、市販の鉛筆に機器を取り付けるだけで済む

 インターネットと連動させるIoT機器として、最近は歯ブラシなどが出てきている。加速度センサーを内蔵した機器を歯ブラシに取り付け、歯ブラシを持った手の動きを検知。スマートフォンの専用アプリでデータを把握し、正しい歯磨きにつながっているかどうかを判断するというものだ(関連記事: アスクルがライオン「IoT歯ブラシ」のデータ活用を支援)。

やる気パワーがたまるとLEDが10段階で発光。やる気を“見える化”している
やる気パワーがたまるとLEDが10段階で発光。やる気を“見える化”している

 しゅくだいやる気ペン(以下、やる気ペン)も、考え方や構造はほとんど同じ。市販の鉛筆に機器を取り付け、鉛筆を持った手の動きを検知することで、勉強に取り組んでいる姿勢を独自のアルゴリズムでデータ化。やる気として表現している。具体的なアルゴリズムは明らかにしないが、手の動きや時間などに基づくようだ。

 他社のIoT機器と大きく異なる点は、データをどうやって小学生のやる気につなげているかにある。単に子供を追い込むだけでは、やる気は出てこないし、親子の関係は悪化するばかりだろう。そこで「親が子供を褒めるためのコミュニケーションツール」として全体の仕組みやアプリをデザイン。親子のコミュニケーション向上が、子供のやる気につながる、と考えた。

 「当社としてもIoT文具は初めての経験。テクノロジーはIoT歯ブラシなどと同じだと思うが、子供のやる気を育てるための“体験のデザイン”に力を入れた」と、開発を手掛けたコクヨ事業推進センターネットソリューション事業部ネットステーショナリーグループグループリーダーの中井信彦氏は言う。体験のデザインとはプロダクトやグラフィックと異なり、新しい体験をユーザーに味わってもらうように仕掛けを考えること。やる気を見える化し、努力すれば報われることを子供に体験させようとした。

 例えば、やる気ペンで勉強を続けると「やる気パワー」が蓄積され、機器のLEDの色が変化する。緑や赤、青と10段階でやる気が見えるようになる。やる気ペンをスマホのアプリに注ぐようにかざせば、やる気パワーに応じて画面の木が成長してりんごの実が育っていく。さらに実の数によってアプリ内のキャラクターが力を得て、すごろく形式の「やる気の庭」を進むというゲームも用意。全18ステージがあり、やる気に応じて途中でさまざまなアイテムを収集でき、ゴールに達すれば親から「ごほうび」をもらえるようにしている。子供はもっと勉強をやりたくなるという。

 やる気の状況は毎日、アプリ画面のカレンダーにも表示される。親は 勉強の進み具合を確認でき、ゴールの達成以外にも、褒めるポイントを発見しやすくなった。2019年7月に発売後、同年10月に実施したユーザーへの調査では「家庭学習のサポートになった」と84%が回答した他、「子供を褒める機会が増えた」は72%になるなど好評だった。