コクヨIoT文具「しゅくだいやる気ペン」が高額でも売れる理由(画像)

小学校の低中学年を狙ったコクヨのIoT文具「しゅくだいやる気ペン」が好調だ。加速度センサーを内蔵した機器を市販の鉛筆に取り付けて使い、振動回数などからアプリで勉強への取り組みを“見える化”。6980円(税込み)で年間約1万台を販売した。アプリをストーリー仕立てのゲームにしてゴールを設定し、親が褒めるきっかけづくりにしたことが、子供のやる気に結び付いた。

前回(第4回)はこちら

「しゅくだいやる気ペン」は、市販の鉛筆に機器を取り付けるだけで済む
「しゅくだいやる気ペン」は、市販の鉛筆に機器を取り付けるだけで済む

 インターネットと連動させるIoT機器として、最近は歯ブラシなどが出てきている。加速度センサーを内蔵した機器を歯ブラシに取り付け、歯ブラシを持った手の動きを検知。スマートフォンの専用アプリでデータを把握し、正しい歯磨きにつながっているかどうかを判断するというものだ(関連記事: アスクルがライオン「IoT歯ブラシ」のデータ活用を支援)。

やる気パワーがたまるとLEDが10段階で発光。やる気を“見える化”している
やる気パワーがたまるとLEDが10段階で発光。やる気を“見える化”している

 しゅくだいやる気ペン(以下、やる気ペン)も、考え方や構造はほとんど同じ。市販の鉛筆に機器を取り付け、鉛筆を持った手の動きを検知することで、勉強に取り組んでいる姿勢を独自のアルゴリズムでデータ化。やる気として表現している。具体的なアルゴリズムは明らかにしないが、手の動きや時間などに基づくようだ。

 他社のIoT機器と大きく異なる点は、データをどうやって小学生のやる気につなげているかにある。単に子供を追い込むだけでは、やる気は出てこないし、親子の関係は悪化するばかりだろう。そこで「親が子供を褒めるためのコミュニケーションツール」として全体の仕組みやアプリをデザイン。親子のコミュニケーション向上が、子供のやる気につながる、と考えた。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>