アフターコロナ働き方&オフィス改革

以前から働き方改革を念頭に置いたオフィスデザインを進めてきた三井デザインテック(東京・港)。テレワークで失われる3つの要素を回復するための仕掛けづくりが、アフターコロナのオフィスに求められるという。デザインマネジメント部第2デザイン室長の石田泰夫氏と、スペースデザイン事業本部ワークスタイル戦略室長の岡村英司氏に聞いた。

前回(第14回)はこちら

テレワークは従来の「限られた場所だけで仕事をする働き方」から、「自分の仕事や状況に合わせて、最適な環境を自由に選択する働き方」を考えるきっかけとなり、アフターコロナの働き方への変化を促す(三井デザインテックの資料より編集部作成)
テレワークは従来の「限られた場所だけで仕事をする働き方」から、「自分の仕事や状況に合わせて、最適な環境を自由に選択する働き方」を考えるきっかけとなり、アフターコロナの働き方への変化を促す(三井デザインテックの資料より編集部作成)

新型コロナウイルス感染症の拡大で、日本企業の多くがテレワークを実践するようになりました。

岡村 テレワークに対する日本企業の意識はとても前向きになりました。以前の日本企業にとって、テレワークは使えないという印象があったのか、受け入れにくい存在でした。それが1度経験したことで「意外と使える」と気づき、アフターコロナの時代は、テレワークを前提にしたオフィスをつくろうという流れに変わってきたと思います。

アフターコロナのオフィスにはどんな点が必要になると思いますか。

岡村 2つが重視されると考えています。1つ目は「新しい発想(クリエイティビティー)の創出を行うための場や機能」で、2つ目は「企業の価値観やカルチャーを伝え、人や社会との『つながり』をつくる場や機能」です。

 テレワークでは、次の3つの要素が失われていると考えられます。まずは「偶発的な出会い」の消失。偶然出会った人と話をする機会がなくなり、新しい知見を得たり、アイデアを思いついたりすることができなくなりました。次に「暗黙知の共有」の消失。これまではオフィス内で聞こえてくる社員同士の会話から、企業の雰囲気や人間関係を想像していました。しかしテレワークでは、こうした雰囲気が全く分かりません。最後に『心理的安全性』の消失。上司と部下の雑談がなくなったことで、上司が自分を気にかけてくれているかどうかが分からなくなりました。これからのオフィスづくりでは、テレワークで失われた3つの要素をいかに組み込んでいくかが課題になるでしょう。

三井デザインテックの社員に聞いた在宅勤務に関するアンケート(2020年5月)。「通勤からの解放」「自分のペースで仕事ができる」「自分の時間の確保」などの前向きな意見がある一方、「コミュニケーションの不足」「情報の不足」などの課題も見えてきた(三井デザインテックの資料より編集部作成)
三井デザインテックの社員に聞いた在宅勤務に関するアンケート(2020年5月)。「通勤からの解放」「自分のペースで仕事ができる」「自分の時間の確保」などの前向きな意見がある一方、「コミュニケーションの不足」「情報の不足」などの課題も見えてきた(三井デザインテックの資料より編集部作成)
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>