アフターコロナ働き方&オフィス改革

スターバックス コーヒー ジャパン(東京・品川)は2020年7月30日、東京・銀座に新業態店舗「スターバックス コーヒー CIRCLES 銀座店」をオープン。眼鏡メーカー・ジンズ(JINS)と提携し、「最高の集中体験」を目指す空間「Think Lab」を設けた。その空間デザインは、オフィス改革を考える企業の参考になりそうだ。

「スターバックス コーヒー CIRCLES 銀座店」店舗外観。リモートワークの拠点として、既存店舗と比較にならないほどの機能を誇る
「スターバックス コーヒー CIRCLES 銀座店」店舗外観。リモートワークの拠点として、既存店舗と比較にならないほどの機能を誇る

 「スターバックス コーヒー CIRCLES 銀座店」のコンセプトは、“はたらく人のための「夢中になれる場所」”。1人で集中して考えられるスペースや、人とのコミュニケーションを活発にして、アイデアを共有しながら刺激し合うスペースなど、目的やワークスタイルに応じて、「Co-Work(コワーク)」と「Solo-Work(ソロワーク)」を選択ができる店舗空間になっている。

前回(第4回)はこちら

 2階の「SMART LOUNGE」には、オンラインミーティングに適したブース席やコワーキング向けのテーブル席が用意されている。半個室のブース席は4席あり、パーティションで囲われているため、電話やオンラインミーティングも周囲を気にせず利用できる。40分単位で予約できる。

 コワーキングスペースは、電源のあるカウンター席やディスカッション向きのビッグテーブル、移動可能、組み合わせ自由なテーブル席など多彩な客席を備えている。

1階にはレジとバーカウンターがあり、商品の注文と受け取りはここで行う。事前注文・決済ができる「モバイルオーダー&ペイ」の受け取り専用カウンターも設置。非接触で購入が完了する
1階にはレジとバーカウンターがあり、商品の注文と受け取りはここで行う。事前注文・決済ができる「モバイルオーダー&ペイ」の受け取り専用カウンターも設置。非接触で購入が完了する
「SMART LOUNGE」内の半個室のブース席。電話やビデオ会議の利用も可能。40分単位で予約できる
「SMART LOUNGE」内の半個室のブース席。電話やビデオ会議の利用も可能。40分単位で予約できる
ミーティングにも打ち合わせにも使えるソファ席
ミーティングにも打ち合わせにも使えるソファ席
テーブルを組み合わせて、2人から12人までのミーティングや商談、ディスカッションなど多目的に使用できる
テーブルを組み合わせて、2人から12人までのミーティングや商談、ディスカッションなど多目的に使用できる
ノートPCでの作業やディスカッションなど自由に使える大テーブル。背後のガラスの向こうが「Think Lab」。右手に入り口がある
ノートPCでの作業やディスカッションなど自由に使える大テーブル。背後のガラスの向こうが「Think Lab」。右手に入り口がある

 ここまでは、他のコワーキングスペースやシェアオフィスなどでも一般的に見られるバリエーションだが、この店舗には「最高の集中体験」を提供するという、ソロワークを極めた究極のパーソナル空間「Think Lab」が用意されている。SMART LOUNGEからガラス越しに垣間見ることができるが、SMART LOUNGE側のワイワイガヤガヤとした雰囲気からは隔絶された、緊張感さえ漂う空間だ。中に入ってみよう。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>