「高齢の親がクルマの運転をするのが不安、でも免許返納もできない」という人に、考えてほしいのが最新の運転支援機能がついた新型車への買い替えだ。運転支援機能を搭載するクルマは「サポカー」を呼ばれ、補助金の対象となる。制度の内容と各社が取り組む運転支援機能の内容を紹介する。

※日経トレンディ2020年9月号の記事を再構成

トヨタ自動車「ハリアー」(写真右)は安全機能が充実。前後のドラレコ機能付き「デジタルインナーミラー」が加わっている。(写真左/PIXTA)
トヨタ自動車「ハリアー」(写真右)は安全機能が充実。前後のドラレコ機能付き「デジタルインナーミラー」が加わっている。(写真左/PIXTA)

 近年は高齢ドライバーによる痛ましい交通死傷事故の報道が相次いでいる。高齢化が進む中で、早急に対応が必要な社会課題の一つとなっている。

 もちろん、公共交通機関で移動しやすい都市部なら、安全のために免許を返納するという選択もあるだろう。だが移動手段が限られる地域では代替手段の確保が難しく、ライフラインとしてクルマが必須の場合も多い。免許返納の結果、住み慣れた土地を離れる決断を迫られることもある。運転の不安を抱えながらも、ハンドルを握り続けざるをえない高齢者が多いのが現実だ。

 クルマを運転し続ける場合に、できる対策とは何か。最優先で検討したいのが、安全性能の向上が目覚ましい新型車への乗り替えだ。

 政府も運転支援機能を搭載する「安全運転サポート車」の普及に官民連携で取り組んでいる。搭載されている安全運転支援機能の内容によって、「セーフティ・サポートカー(サポカー)」と「セーフティ・サポートカーS(サポカーS)」という基準を設けて分かりやすくし、その訴求を図っている。

 特に高齢ドライバーに推奨する「サポカーSワイド」は、緊急時の自動ブレーキで衝突回避や被害軽減を図る「衝突被害軽減ブレーキ」や、アクセルとブレーキの踏み間違いによる急加速を抑制する「ペダル踏み間違い急発進抑制装置」、走行車線からの逸脱を警告する「車線逸脱警報」などの先進的な安全運転支援機能を備える。

 これらのサポカー普及を促進するため、政府は20年3月から65歳以上の高齢ドライバーを対象とした「サポカー補助金」を開始した。これは対象車の購入時に、最大10万円の購入資金補助が受けられるというもの。宣伝を見て新車購入に前向きになった人も多いはず。今が買い替えのチャンスだ。

サポカー補助金を使って賢く買う!
サポカー補助金を使って賢く買う!
注)後付けとなる障害物検知機能付きペダル踏み間違い急発進抑制装置等は、補助対象⾞両が①の機能を搭載した中古⾞の場合、購入時に補助⾦2万円が⽀給されていると、補助上限額は2万円

 補助金は「対歩行者の衝突被害軽減ブレーキ」と「ペダル踏み間違い急発進抑制装置」の有無で対象と額が決まるため、改めて対象車を公表している。ただ、「サポカー」や「サポカーS」に区分されているものの中にも対象外となる車種もあることに留意したい。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>