シニアが使いたくなるもの…というと、意外と考え込んでしまう人も多いだろう。熱中症対策から食事補助まで、高齢者の生活を助ける優秀な商品を厳選。離れて暮らす親へのプレゼントにも向く。

※日経トレンディ2020年9月号の記事を再構成

離れて暮らす親へのプレゼントに向く
離れて暮らす親へのプレゼントに向く

 高齢者の生活リスクをできるだけ減らすため、健康寿命を延ばしたり、置き忘れを防いだりすることができる“逸品”を紹介したい。暑い時期は、クーラーベストなどの「熱中症対策」が欠かせない。目の疲れを癒やすホットアイマスクなどの「疲労軽減」グッズは、プレゼントにしてもよいだろう。カロリーや塩分が気になる両親には、健康を考えた「食事」の配達サービスがお薦めだ。特殊詐欺に遭わないための「防犯」アプリも準備し、できるだけ事前の準備をしておきたい。

熱中症対策1/猛暑下のイベントに最適 体温上昇&脱水症状のリスク減

クーラーベスト(AOKI)

風の強さは「弱・中・中強・強」の4段階。直販価格1万7490円(税込み)
風の強さは「弱・中・中強・強」の4段階。直販価格1万7490円(税込み)

 背中部分に付いた2つのファンで外気を取り込み、風で汗を気化させることによって体の温度を下げるベスト。内側のポケットにモバイルバッテリーを収納し、最大20時間稼働する。10分間の稼働で約3.76℃の冷却効果があるとうたう。アウトドアやスポーツ観戦、旅行などのイベントや、屋外での庭仕事などエアコンの使用ができない環境での作業などで役立ち、脱水症状のリスクを抑える。

熱中症対策2/高齢者の隠れ熱中症をチェック 無理なく装着できる

熱中対策ウォッチ (Biodata Bank)

赤く点滅したら「危険」のサイン。実勢価格3300円(税込み)
赤く点滅したら「危険」のサイン。実勢価格3300円(税込み)

 暑い環境下で、体が一大事になる前にアラームとLED表示で知らせる腕時計型ウエアラブルデバイス。体にたまった熱をセンサーが感知し、安全な場合は緑ランプが10秒に1回点滅する。リスクが高いと、赤ランプが12秒間、アラームと共に点滅する。重さは20グラムと軽く、腕に付けるのが苦手な人でも違和感がない。高齢者が外出時に気が付きにくい熱中症対策に利用したい。

熱中症対策3/汗っかきのベタつき悩みを解決 “着るクーラー”

REON POCKET(SONY)

実勢価格1万4300円(税込み)
実勢価格1万4300円(税込み)

 スマホで温度調節できる冷却デバイスを装着する。電圧をかけると熱が移動するペルチェ素子を用い、首元を直接冷やす仕組み。バッテリーが持つ限り冷たさが落ちることがない。専用のインナーウエアで装着するため、ファン付きウエアのように目立たないのも魅力。専用のスマホアプリと連動し、温度調整ができる。

熱中症対策4/3台のファンで首回りを冷やす 髪の毛巻き込み防止ネット付

モノルルド ウェアラブル 3ファン(ATEX)

実勢価格5000円前後(税込み)
実勢価格5000円前後(税込み)

 3つのファンを搭載したウエアラブルアイテム。より早く効果的に涼しくするため首筋にファンを付け、前方の2つのファンは好みの角度に調整可能。360度風に包まれる感覚が味わえる。重さは300グラムと比較的軽く、長時間使用しても首や肩に負担がかかりにくい。髪の毛巻き込み防止ネットも付属し、髪の長い人でも安心して使えるよう設計されている。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>