2020年は、新型コロナの影響で、親の見守りもリモートにせざるを得ないという人も多いだろう。カメラを使って実家の様子をしっかり見る“見守り強度”の強いサービスから、エアコンや電子レンジの使い方をセンサーで感知する、緩い見守りまで。最新サービスを厳選した。

※日経トレンディ2020年9月号の記事を再構成

 高齢化が進む中で、実家の親を見守るサービスが次々と誕生している。ただし、介護未満の親の場合、導入時に理解を得るのが難しい。見守りの度合いを意識して相談するのが鉄則だ。

 心理的な導入ハードルが低いのは、電気やトイレといった日常生活の動作に応じて通知がくるタイプ。例えば、ダイキン「Daikin Support Life」は、動きに反応するドップラーセンサーにより、室内の人の在否や就寝・起床といった家中での生活リズムが分かる。また、自社エアコンと連動させることで室温を管理でき、熱中症対策にもなる。

Daikin Support Life(ダイキン)

見守り強度 普通/脈拍や動作を検知するセンサー エアコンと連動して室温管理

脈拍や体の動きを把握できるセンサーにより、設置した部屋の在室時間や就寝、起床が分かる。専用アプリでは室内の状況を10分おきに更新。自社製エアコンとの連携が必須となるが、室内の温度管理ができるのも魅力だ。月額料金無料、無線LAN必要、実勢価格6万7280円(税込み)
脈拍や体の動きを把握できるセンサーにより、設置した部屋の在室時間や就寝、起床が分かる。専用アプリでは室内の状況を10分おきに更新。自社製エアコンとの連携が必須となるが、室内の温度管理ができるのも魅力だ。月額料金無料、無線LAN必要、実勢価格6万7280円(税込み)
注)「Daikin Support Life」に連携できるエアコンは機種による

遠くても安心プラン(東京電力エナジーパートナー)

見守り強度 普通/最大8種の家電と連携 利用状況から異常を察知

分電盤にセンサーを後付けすることで、エアコンや電子レンジ、テレビなど最大8種と連携させ、それぞれの利用状況をAIが分析し異常を察知する。万が一のとき、年に2回まで無料で訪問確認を依頼できる。初期費用3万5750円、月額で2170円かかる。無線LAN環境がない家庭向けのプランもある。月額料金2170円(税込み)、無線LAN必要
分電盤にセンサーを後付けすることで、エアコンや電子レンジ、テレビなど最大8種と連携させ、それぞれの利用状況をAIが分析し異常を察知する。万が一のとき、年に2回まで無料で訪問確認を依頼できる。初期費用3万5750円、月額で2170円かかる。無線LAN環境がない家庭向けのプランもある。月額料金2170円(税込み)、無線LAN必要
注)「遠くても安心プラン」は「買取Aコース(バランス型)」の料金を記載。

セコム・ホームセキュリティ スマートNEO(セコム・ホームセキュリティ)

見守り強度 強い/駆け付けサービスと一体 高額だが安心度は高い

トイレ前の廊下など、生活導線にセンサーを設置し、ケガなどで親が身動きが取れなくなり、一定時間動作が確認できない場合、緊急対処員が駆け付ける。プライバシーを気にする家も導入しやすい。初期費用4万8400円(税込み)の工事費に加え、月々の利用料も5170円とコストは高め。月額料金5170円(税込み)、無線LAN必要
トイレ前の廊下など、生活導線にセンサーを設置し、ケガなどで親が身動きが取れなくなり、一定時間動作が確認できない場合、緊急対処員が駆け付ける。プライバシーを気にする家も導入しやすい。初期費用4万8400円(税込み)の工事費に加え、月々の利用料も5170円とコストは高め。月額料金5170円(税込み)、無線LAN必要
注)「セコム・ホームセキュリティ スマートNEO」はレンタル料金を記載。機器レンタルパックにオプションサービスの「救急通報(マイドクター)」、「安否見守り」を追加したプラン例。別途、保証金2万円が必要となる。
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>