新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、お盆は外出を控えた人も多いはず。こんなときだからこそ、話題のビジネス書を片手に、日々の仕事や働き方を振り返ってみるのはどうだろう。『見るだけでわかる! ビジネス書図鑑』など、ビジネス書に関する著書もある荒木博行氏と共に2020年上半期のベストセラーを振り返り、今、仕事に役立つ本を考える。

2020年を境にビジネスは大きく変わる

――取次大手の日販、トーハンの2020年上半期ビジネス書ランキングではいずれも1位が『FACTFULNESS』となりました。他に『メモの魔力』や『2030年の世界地図』も19年から現在に至るまで売れています。このランキングを見て、荒木さんはどんなトレンドをお感じになりますか。

『FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』(ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリングほか/日経BP)
『FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』(ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリングほか/日経BP)

荒木氏 あえて言うなら、ビジネスの変革期だということでしょう。これは僕が感じている問題意識でもありますが、20年を境にビジネスで何を目指すかという大前提が大きく変わると見ています。

 20年2月に出たばかりの『経営改革大全 企業を壊す100の誤解』(名和高司/日本経済新聞出版)でも取り上げられていましたが、今、「トリプル・ボトム・ライン」という概念が注目されています。これは、企業を「Profit(利益)」「People(人)」「Planet(地球)」という3つの「P」の側面から評価しようというもの。ここでいうPeopleとは、労働環境の整備やダイバーシティーも含め、社員が健康に生き生きと働けるかということを示します。Planetは、環境問題やサステナビリティーへの取り組みなどが挙げられます。つまり従来の利益重視の考えに、社会的、環境的側面が加わるわけです。

 こういう概念が定着すると、会社経営に求められるものは大きく変わってきます。これまで、企業なら売り上げや利益を求めるのが当たり前でしたが、そもそも成長する必要があるのかという疑問が出てきます。若手からは「無理に利益を上げて、それで地球にいいんですか?」「社員のモチベーションを下げながら成長しても仕方がないじゃないですか?」という意見が上がるかもしれません。

――スタートアップの中には、無理な事業拡大はせず、自分たちにとっての最適サイズを目指せばいいという経営者もいます。

荒木氏 京都の国産牛ステーキ丼専門店「佰食屋(ひゃくしょくや)」などもそうですよね。1日100食しか売らない、それで事業は成立させつつ、社員の働きやすさも両立するという考え方です。

 20年上半期のビジネス書ランキングに落合陽一氏の『2030年の世界地図帳』(日販6位、トーハン8位)が入っているのもその象徴だと思います。

――『2030年の世界地図帳』は、SDGs(持続可能な開発目標)を軸にこれからの経済を展望する本ですね。

荒木氏 ええ。ビジネスに、利益だけじゃない新しいゲームのルールが加わってきていることを意識している人がそれだけ多いということじゃないでしょうか。

『2030年の世界地図帳 あたらしい経済とSDGs、未来への展望』(落合陽一/SBクリエイティブ)
『2030年の世界地図帳 あたらしい経済とSDGs、未来への展望』(落合陽一/SBクリエイティブ)