化粧品大手のオルビスが通販向けの出荷ラインに、330台もの小型AGV(無人搬送車)を導入した。1台1台をプログラミングで動かし、作業工程の大部分を自動化。1時間当たりの出荷数を従来比で3割引き上げる。物流危機が続く中で配送遅延を減らすには、バックエンドでのロボット活用が欠かせない。一方で化粧品ブランドだけに人肌の温もりが伝わる工夫も必要だ。機械化と人肌の両立を目指す舞台裏に迫った。

オルビスは埼玉県加須市の東日本流通センターに330台のAGVを導入。プログラミングして動かすことで物流を効率化した
オルビスは埼玉県加須市の東日本流通センターに330台のAGVを導入。プログラミングして動かすことで物流を効率化した

 ロボット掃除機にかごを載せたいでたちの小型AGVが、縦横無尽に駆け回る。その数、なんと330台。2020年8月17日、埼玉県加須市にあるオルビス東日本流通センターで通販専用の新たな出荷ラインが稼働した。

 1回の注文につき1台のAGVを割り当て、互いにぶつからないように自律走行して商品を運ぶ仕組みだ。管理室の制御システムから1台1台に指示を送り、コース上に埋め込んだRFIDタグで現在地を確認しながら、隊列を組んで走行する。途中で電池の残量が減れば、自動的に充電ドックに接続して“エネルギー”を補給。間髪入れずに決められたコースを走り続けるため、眺めているだけで、商品がどんどん運ばれていく。

 AGVは注文が入ったら動き出し、まずはその商品がある棚の真横まで自走する。そこでいったん停止すると、待ち構えていた作業員が棚から商品を取り出し、かごに入れる。商品が格納されている場所にはランプが点灯するため、迷うことはない。ボタンを押すとAGVは再起動し、周回コースをさらにぐるりと半周する。ゴール地点ではやはり作業員が待機しており、かごから商品を取り出して箱に詰める。最後は封函ロボットが箱の大きさを器用に見分けて素早く密封し、行き先別に自動仕分けされて出荷を待つばかりとなる。

商品が格納されている場所は、ランプが点灯する。個数も合わせて表示される
商品が格納されている場所は、ランプが点灯する。個数も合わせて表示される
近づいてきたAGVのかごに作業員が商品を入れる
近づいてきたAGVのかごに作業員が商品を入れる
AGVの稼働状況は管理室のモニターからリアルタイムで確認できる
AGVの稼働状況は管理室のモニターからリアルタイムで確認できる
日本最速クラスとなる、1時間当たり1250件の封函に対応した最新鋭ロボットも導入した
日本最速クラスとなる、1時間当たり1250件の封函に対応した最新鋭ロボットも導入した
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>