ライフハックの手段を次々に考え、効率の良い仕事を追求するコンセプトクリエイターの小山龍介氏。驚くべきことに、7つ以上のディスプレイを使うことが効率化になるという。LGエレクトロニクスのウルトラワイドディスプレイ始め、驚きのデバイスを使ったテレワーク技を紹介する。

※日経トレンディ2020年7月号の記事を再構成

小山龍介氏の自宅。動画配信やオンラインビデオ会議用にリングライトを設置している。マイクはデスクの振動などを拾わないようにアームに取り付けてある
小山龍介氏の自宅。動画配信やオンラインビデオ会議用にリングライトを設置している。マイクはデスクの振動などを拾わないようにアームに取り付けてある

 メインディスプレイ、Mac Book Pro、2台のiPad……ざっと数えただけでも7つ以上。仕事術やライフハックに詳しいコンセプトクリエイター小山龍介氏の自宅デスクには数多くのディスプレイが並んでいる。

小山龍介氏。1975年生まれ。広告代理店勤務を経て、松竹で歌舞伎をテーマに新規事業を立ち上げた。10年にブルームコンセプトを設立。コンセプトクリエイターとして活動中
小山龍介氏。1975年生まれ。広告代理店勤務を経て、松竹で歌舞伎をテーマに新規事業を立ち上げた。10年にブルームコンセプトを設立。コンセプトクリエイターとして活動中

 まず目を引くのが中央に鎮座する49型のウルトラワイドディスプレイ「49WL95C-W」(LGエレクトロニクス)だ。画面の縦横比は何と「32:9」。27型ディスプレイを2つつなげたようなサイズで驚くほど左右に長い。さらにその右手前にはウルトラワイドディスプレイに接続した16型の「Mac Book Pro」(アップル)をスタンドに載せて置いている。

小山さんが選ぶAV機器 1

49型のウルトラワイドディスプレイ
49型のウルトラワイドディスプレイ
メインマシンであるMac Book Proに接続した、視界を占有する縦横比32:9の超横長ディスプレイ。「Mac Bookのディスプレイも使って、合計4つぐらいのウィンドウを開いても同時に作業できるのは非常に便利」(小山氏)
小山さんが選ぶAV機器 2
M570T ワイヤレス トラックボール
M570T ワイヤレス トラックボール
49型のウルトラワイドディスプレイは便利だが、「画面の端から端までマウスでポインターを動かすことが非常に大変だということに気づき、急遽トラックボールを導入した」(小山氏)という

 さらにテレワーク時のストレスの要因と見ているのが室内の「二酸化炭素濃度」だ。オフィスなどで「望ましい」とされる濃度は1000ppm以下だが、実際に小山氏が自宅の仕事部屋で計測してみたところ、作業を開始してしばらくするとその数値をオーバーしてしまったという。通常のオフィスはエアコンなどの換気設備で空気を入れ替えているが、在宅勤務でそこまで気にしている人は少ない。小山氏は二酸化炭素計測器をデスクに設置し、警告ランプが点灯すると窓を開けて換気をするようにしているという。

小山さんが選ぶAV機器 3
二酸化炭素モニター CUSTOM CO2 mini
二酸化炭素モニター CUSTOM CO2 mini
「脳の働きにも影響を与えると言われている二酸化炭素の濃度を測るため計測器を購入」(小山氏)。見える位置に取り付けておき、警告ランプが点灯すると窓を開けて換気するようにしている

 それだけではない。右上にはポッドキャストや音楽を聴くための「iPad mini」(アップル)、左側にはポスト・イットアプリや手書きメモを主に使う「iPad Pro(11型)」(アップル)をそれぞれ専用のアームで固定。その他、オンラインビデオ会議で自分を映すためのデジカメや小型モニター、Amazon Echo Showまで、数多くのディスプレイがデスクの周りをぐるりと取り囲んでいる。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>