総合スーパーマーケットの2強であるイオンとイトーヨーカドー。全国各地に店舗があり、食品や衣料品、日用品などの買い物で普段よく利用している人も多いだろう。お得に買える日やアプリ、クーポン、支払いテクニックなど、両店の上手な活用術を解説する。

イオンとイトーヨーカドーで得する方法をチェック(イラスト/ぴーや)
イオンとイトーヨーカドーで得する方法をチェック(イラスト/ぴーや)

イオン

 イオンにおいて最も分かりやすくお得になる日は、毎月20日と30日に実施される「お客さま感謝デー」だ。イオンマークの付いた各種カードの利用または読み取り、イオン銀行キャッシュカードの読み取り、電子マネーWAONでの支払いで、食品や衣料品、日用品が5%オフになる。

 WAON以外で割引が適用される支払い方は、イオンマークの付いたクレジットカード、イオンiDでのクレジット払い、イオンデビットカード、イオングループ発行の商品券、イオンギフトカード、そして現金だ。イオンカードを登録したイオンペイ払いも対象となる。たばこや切手、印紙、商品券など割引除外品がある点には注意したい。

毎月20日、30日は5%引きで買えるチャンス
毎月20日、30日は5%引きで買えるチャンス

 55歳以上の人なら、毎月15日開催の「G.G感謝デー」でも5%オフになる。55歳以上の会員のイオンカードや、55歳以上が発行できるG.G WAON、G.Gマーク付きイオンカードなどでの支払いで割引が適用される。G.GマークがないWAON一体型イオンカードでも、事前にWAONステーションでG.G感謝デー対象WAONカードへの変更手続きをすることで、WAONでの支払いが5%オフの対象となる。

 毎月10日には、「ありが10デー」が実施されている。こちらはポイント還元が基本の5倍となる。適用対象はイオンカードやWAONによる支払い、WAON POINTカードを提示したうえでの現金などによる支払いだ。通常200円(税込み)ごとに1ポイントのところ、5倍の5ポイントが付与されるため、2.5%還元。イオンではイオンカードとWAONでの支払いでいつでもポイント2倍になる特典があるが、残念ながら、ありが10デーの5倍との重複はされない。

クーポンやキャンペーンも見逃せない

 スマホで利用できる「イオンお買物アプリ」では、様々なクーポンが日々配布されているので活用したい。お気に入り登録している店舗のチラシも確認できる。九州地区のイオンの場合は、「イオン九州公式アプリ」をインストールしよう。

食品や日用品など様々なジャンルのクーポンがアプリで利用できる
食品や日用品など様々なジャンルのクーポンがアプリで利用できる

 また、ニュースアプリ「スマートニュース」のクーポンタブも要チェック。種類は公式アプリに及ばないものの、常時何かしらのイオンのクーポンが配布されている。

 クレカのイオンカードを持っていると、イオンで得する機会が増える。代表的なのは、不定期に開催されるポイント10倍キャンペーンだ。イオンカードで支払うと、通常200円(税込み)ごとに1ポイントのところ、10倍の10ポイントが獲得できる。還元率は5%だ。開催頻度は結構高いので、狙い目になる。

 さらにイオンカード保有者は、「サンキューパスポート」を毎月獲得できる。これはレジで提示し、イオンカードで支払うと割引が適用されるクーポン。対象期間中の都合いい1日を選んで利用できるので便利だ。商品により5%または10%の割引が受けられる。注意点として、食品は割引対象外となっている。

 サンキューパスポートは、イオンカード公式アプリ「イオンウォレット」で受け取り可能。イオンウォレットを利用していない場合は、イオン銀行ATMで発券できる。

イオンカード会員向けのアプリ「イオンウォレット」でクーポンを獲得・利用できる
イオンカード会員向けのアプリ「イオンウォレット」でクーポンを獲得・利用できる

 また誕生月には、同じ要領で「バースデーパスポート」が利用できる。都合のいい1日に5%または10%の割引が受けられる点はサンキューパスポートと同じだが、こちらは食品でも適用される。

 なお、どちらのパスポートも、お客さま感謝デーの5%オフなど他の割引特典との併用はできないので注意したい。

お得度が一段とアップする株主優待カード

 「オーナーズカード」は、イオンの株式を100株以上保有していると発行される株主優待カード。イオングループの対象店で買い物をする際に、オーナーズカードを提示するとキャッシュバックが受けられる。持ち株数が100株以上で3%、500株以上で4%、1000株以上で5%、3000株以上で7%のキャッシュバックとなる。

 適用対象となる支払い方は、イオンマークの付いたクレカやWAON、現金など、お客さま感謝デーの対象の支払い方と基本的に同じ。そしてオーナーズカードは、お客さま感謝デーやサンキューパスポートなどと併せて特典が受けられるのがうれしいポイントだ。

オーナーズカードを利用すると、3月~8月、9月~翌2月の各半年間の合計利用金額に、持ち株数に応じた返金率を乗じた金額が半年ごとにキャッシュバックされる仕組み
オーナーズカードを利用すると、3月~8月、9月~翌2月の各半年間の合計利用金額に、持ち株数に応じた返金率を乗じた金額が半年ごとにキャッシュバックされる仕組み

 決済方法では、利便性を向上しつつ、ポイントの二重取りを可能とするのが、イオンカードセレクト(イオン銀行のキャッシュカード、イオンカード、WAONが一体になったクレカ)でのWAONのオートチャージだ。オートチャージとは、カード搭載のWAONの残高が設定金額未満になると、自動的に入金(チャージ)される機能。

 同カードの場合、オートチャージの利用で200円ごとにWAONポイントが1ポイント付与される(チャージ額はイオン銀行普通預金口座から引き落とされる)。そのWAONで支払えば、基本のポイント還元率1%(イオングループ店舗の場合)に、オートチャージ分の0.5%が上乗せされて、計1.5%還元となる。WAONに手動でチャージする手間も省けるので便利だ。

 また、WAONは2021年10月にApple Payに対応した。これにより、Apple Payに設定したクレカやデビットカード、プリペイドカードなどからWAONにチャージが可能となっている。対象ブランドはJCB、Mastercard、アメリカン・エキスプレス。WAONへの直接チャージだとポイント付与対象にならないクレカが多いが、プリペイドカード(au PAY プリペイドカードなど)を経由することで間接的にクレカの還元を得られる場合がある。中級者以上向けの手法だが、実践する価値はあるだろう。

イトーヨーカドーは8が付く日に5%オフ 公式アプリも必携

イトーヨーカドー

 イトーヨーカドーでお得に買い物ができる日は、毎月8の付く日に開催される「ハッピーデー」だ。金券類やたばこなど一部対象外品を除き、ほぼ全品が5%オフになる。適用対象の支払い方は、セブンカード・プラス、セブンカードのクレジット決済またはカード提示での現金決済、電子マネーnanacoでの全額決済、クラブ・オン/ミレニアムカード セゾンのクレジット決済。イトーヨーカドーの公式アプリでバーコードを提示したうえでの現金決済も5%オフの対象になる。

毎月8日、18日、28日は対象クレカやnanacoの利用で5%オフに
毎月8日、18日、28日は対象クレカやnanacoの利用で5%オフに

 またハッピーデーでは、nanaco残高のチャージでnanacoポイントがもらえるキャンペーンもよく実施されている。nanacoに現金チャージするなら、ハッピーデーに行うようにしよう。

22年3月と4月は2万円以上のチャージで100ポイントを付与。内容は時期により異なる
22年3月と4月は2万円以上のチャージで100ポイントを付与。内容は時期により異なる

 60歳以上であれば、毎月15日と25日もほぼ全品が5%オフとなる。60歳以上の人が発行・切り替えできるシニアナナコカードが必要だ。シニアナナコで全額決済、またはシニアナナコ提示のうえ、nanacoで全額決済、セブンカード・プラス、セブンカード、クラブ・オン/ミレニアムカード セゾンでクレジット決済の場合に割引の対象となる。

 イトーヨーカドーアプリでは、アプリ限定クーポンが配布されているほか、会計時にバーコードを提示するとポイントがたまる「セブンマイルプログラム」もある。200円(税別)ごとに1マイルが付与され、50マイルを1口として50nanacoポイント(50円相当)に交換できる。セブンマイルは他にも、セブン&アイグループのオリジナル商品や限定グッズ、イベント体験などに交換できる。

イトーヨーカドーアプリで還元率を実質0.5%上乗せできる(画像は一部加工)
イトーヨーカドーアプリで還元率を実質0.5%上乗せできる(画像は一部加工)

 ハッピーデーの割引やチャージキャンペーンなどで分かるように、イトーヨーカドーのお得な支払い方の中心はnanacoだ。nanacoは通常発行だと300円(税込み)の手数料がかかるが、無料で発行する方法もあるので紹介しよう。

 まずは、nanaco搭載型のカードを発行する方法だ。セブンカード・プラスや、セブン銀行のデビット付きキャッシュカード(nanaco一体型)がある。特にセブンカード・プラスは、nanacoへのクレジットチャージで200円ごとに1nanacoポイントがたまるので、ポイントの二重取りが可能。オートチャージにも対応していて利便性が高い。年会費無料なので、セブン&アイグループをよく利用する人には使い勝手がいいクレカだ。

 物理カードが不要なら、スマホからnanacoを無料で新規発行もできる。Androidスマホならnanacoモバイル for Android、iPhoneならApple Payのnanacoを利用する。

 Androidのnanacoモバイルは、残高にチャージできるクレカが系列のセブンカード・プラスかセブンカードに限られる。一方、Apple Payのnanacoは他社クレカでもチャージが可能だ。対象ブランドはJCB、Mastercard、アメリカン・エキスプレス。nanacoチャージがポイント付与対象のクレカやプリペイドカードをApple Pay経由でチャージに利用することで、還元を上乗せできるのがお得だ。新規発行だけでなく、既にnanacoカードを持っている場合もApple Payに簡単に取り込める。

iPhoneならApple Payに登録した他社クレカでnanacoにチャージ可能
iPhoneならApple Payに登録した他社クレカでnanacoにチャージ可能

 スマホ決済については、イオンはごく一部の店舗にPayPayが導入されているのみだが、イトーヨーカドーは各種スマホ決済に幅広く対応している。ハッピーデーなどのキャンペーンは適用されないが、スマホ決済側のキャンペーンが魅力的な場合は選択肢になる。最近では、5%還元のPayPayクーポンが3月27日まで配布されていた。

 スーパーは日常的に利用するだけに、年間を通すと大きな購入額になる。一つ一つは小粒なテクニックでも、続けていれば大きな節約につながるはずだ。買い物のタイミングや支払い方を意識して、お得を享受してほしい。

注)情報は2022年4月上旬時点。サービス内容は今後変わる可能性がある

(画像は各サービスのサイト、アプリから)

7
この記事をいいね!する

日経トレンディ7月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2022年7月号
【巻頭特集】逆境に勝つマネー術
【第2特集】最新「100円ショップ」ベストバイ52
【第3特集】TDR&USJ攻略ガイド
【第4特集】Z世代ヒット予測2022
発行・発売日:2022年6月3日
特別定価:700円(紙版、税込み)
Amazonで購入する