決済額の3%分のポイント還元があることで、“お得好き”から人気を得てきた「Visa LINE Payクレジットカード」。しかし、2021年5月からは還元率が2%にダウンする。今後は、別の支払い方も併用するのが得策だ。知っておきたい、カードの活用テクニックを紹介する。

※日経トレンディ2021年5月号の記事を再構成

還元率が3%から2%に下がる「Visa LINE Payクレジットカード」。年会費/初年度無料、年1回以上利用で次年度無料
還元率が3%から2%に下がる「Visa LINE Payクレジットカード」。年会費/初年度無料、年1回以上利用で次年度無料

 日常の買い物や食事、各種サービスの利用などに当たり、「得な支払い方」を改めて考える機会が訪れている。決済額の3%分のポイント還元があることで“お得好き”に人気の「Visa LINE Payクレジットカード(LINEクレカ)」が、2021年4月30日で3%還元の当初キャンペーン期間を終えるからだ。5月1日以降は還元率が2%にダウンする(2%還元は22年4月30日までの1年間限定)。

 スマホ決済や電子マネーが実施する高還元キャンペーンでは10%還元や20%還元もあるが、期間や対象店舗、還元額などが限定的。それ以外の支払いの機会では、「とりあえずLINEクレカを使っておけばOK」というのがこれまでだった。しかし今後は、別の支払い方も併用するのが得策だ。

 LINEクレカは2%還元に下がったとはいえ、実質無料で持てるクレカとしてはまだトップの還元率。利用でたまるLINEポイントが、21年3月半ばからPayPayボーナス(PayPayの残高の一種)に交換できるようになり、使い勝手も良くなった。クレカを使いたい決済シーンでは、引き続き最有力候補になる。

カード利用でたまるLINEポイントが、新たに1ポイント→1円分でPayPayボーナスに交換できるようになり、PayPay加盟店や「Yahoo!ショッピング」などで消化しやすくなった
カード利用でたまるLINEポイントが、新たに1ポイント→1円分でPayPayボーナスに交換できるようになり、PayPay加盟店や「Yahoo!ショッピング」などで消化しやすくなった

 これと併用したいのが、まず「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」だ。通常のクレカ払いでは0.5%還元(永久不滅ポイントを付与)だが、スマホのQUICPayで利用すると還元率が3%にアップする。QUICPayを使うには、iPhoneならApple Payに、Androidスマホ(おサイフケータイ対応機種)ならGoogle PayまたはセゾンQUICPayに同カードを登録すればいい。

●セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
●セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
QUICPayで利用すると、還元率が通常の6倍の3%に。大手チェーン店舗や大型商業施設などQUICPayが使えるところなら、LINEクレカより有利だ。年会費/初年度無料、年1回以上利用で次年度無料

 セゾンパールには、一般的なプラスチックカードの他に、最短5分で発行できるデジタルカードもある。いずれも年会費は実質無料。QUICPayでの利用が主なら、デジタルカードで十分だ。

 小売りや飲食の大手チェーンではQUICPay対応が進んでいる。使える店舗なら、LINEクレカよりこちらが優先となる。ただし、1回当たりの利用上限額は店舗により異なり、高額決済にはあまり向かない。特にAndroidスマホでは1回2万円までが基本となるので注意したい。