スマホ決済サービスのPayPayが2021年3月28日まで実施するキャンペーン「超PayPay祭」。実店舗やオンラインショップでの買い物で、20%以上の還元が受けられる大チャンスだ。さらに店舗によっては、10%や20%の上乗せ還元もある。キャンペーンをうまく活用する支払い方と注意点、そしてセブン-イレブンでの上乗せ還元をより効率良く得るテクニックを解説する。

超PayPay祭の上乗せ還元で、より得できる使い場所の一つがセブン-イレブンだ(イラスト/ぴーや)
超PayPay祭の上乗せ還元で、より得できる使い場所の一つがセブン-イレブンだ(イラスト/ぴーや)

 PayPayは2021年3月28日まで、ヤフーLINE経営統合記念と銘打ったキャンペーン「超PayPay祭」を実施している。実店舗とオンラインショップどちらも50以上の加盟店が参加し、PayPayの決済利用でお得な還元を受けられる。

 ベースが20%還元と基本的な使い方だけでもメリットは大きいが、ここでは上乗せ還元がある店舗の代表格・セブン-イレブンで、一工夫を加えてもっと得する方法も紹介しよう。いかに効率良く還元を得るかを考え、情報を集め、実行することが、“ポイ活”のレベルアップを目指す上では欠かせないのだ。

多彩なキャンペーンが複合する。還元率や付与上限、開催期間などは店舗により異なる
多彩なキャンペーンが複合する。還元率や付与上限、開催期間などは店舗により異なる

 超PayPay祭の中軸となるのは、「PayPay加盟店で20%戻ってくる」キャンペーンだ。一部の対象外店舗を除き、実店舗、オンラインショップを問わず支払額の20%が還元される(残高の一種であるPayPayボーナスを後日付与)。対象外店舗は、大手だと日本郵便、ノジマ、モスバーガーなどごく一部だ。

 還元の付与上限は1000円相当まで。5000円の支払いまで20%還元が受けられる計算だ。利用者の属性によっては還元率や付与上限の優遇があり、ソフトバンク/ワイモバイルのスマホ利用者は30%還元・付与上限2000円相当となる。この場合、6667円の支払いまで30%還元が受けられる。新規登録者や半年間利用がない人の場合はさらに優遇が大きい。

ソフトバンク/ワイモバイルのスマホ利用者がPayPayに新規登録した場合は、50%還元・付与上限3000円相当に
ソフトバンク/ワイモバイルのスマホ利用者がPayPayに新規登録した場合は、50%還元・付与上限3000円相当に

 そして注目なのは、この基本の還元に加えて、加盟店ごとの独自のキャンペーン分が上乗せされる点だ。対象店舗の中で特に利用者が多いであろう、セブン-イレブンにスポットを当てて解説しよう。

 セブン-イレブンでは独自に10%還元キャンペーンも実施されているため、基本が20%還元の場合は合わせて30%還元となる。また、ソフトバンク/ワイモバイルのスマホ利用者やYahoo!プレミアム会員は上乗せの還元率が20%に上がり、基本が20%なら合計40%に、基本が30%なら合計50%に還元率が高まる。

 ただし、この上乗せ還元を受けるためには、セブン-イレブンアプリ内のPayPay決済を利用する必要がある。21年2月25日にアプリに搭載された新機能だ。セブン-イレブンアプリでは、レジでバーコードを提示することで「セブンマイル」がたまったり(税別200円につき1マイル=1円分)、値引きクーポンや商品引き換えクーポンが配布されたりする。セブン-イレブンでの買い物には欠かせないアプリだ。

 PayPay機能が新たに搭載されたことで、従来は「セブン-イレブンアプリのコード提示」→「PayPayアプリのコード提示」と、レジで2つの手順を踏む必要があったものが、1つのアプリかつ一度の提示で済むようにユーザビリティーが改善された。今回のキャンペーンは、このPayPay決済機能を周知する狙いもあるのだろう。こうした上乗せ還元がある店舗で使えば、お得度はより大きい。